大丈夫であるように。 Cocco終らない旅

Cocco

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591107195
ISBN 10 : 4591107191
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19×19cm,1冊(ページ付なし)
19×19cm,1冊(ページ付なし)

商品説明

Coccoの唄う姿、生きる姿を克明に映しとった映画『大丈夫であるように』。撮影に同行したフォトグラファー・nanacoが捉えた、もうひとつの物語。

内容詳細

映画『大丈夫であるように』の撮影に同行したフォトグラファー・nanacoが捉えた物語。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
映画の書籍バージョン。沖縄でのライブ写真...

投稿日:2009/04/23 (木)

映画の書籍バージョン。沖縄でのライブ写真と是枝監督とのシーンの写真で 構成されている。映画と合わせて持つと尚良いと思う。 ラストの「鳥のうた」の詞が良いです。

toft さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
私は戦争のこと、沖縄の現状を知らない。Co...

投稿日:2008/12/12 (金)

私は戦争のこと、沖縄の現状を知らない。Coccoのファンであるためには知るべきだ。写真から滲む匂い。Coccoの想い。もっと理解しようと誓った。ジュゴンが帰って来た!ラブラブな二匹のジュゴンが可愛らしいだけでは済まない気がした。

ぱちこち さん | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まめ さん

    映画『大丈夫であるように』の撮影に同行したフォトグラファー・nanacoが捉えた物語。映画を先に鑑賞。映画も良かったけど今作も良かった。Coccoさん自身、そして沖縄の風景、ライブ、Coccoさんが目にしたものが1ページ1ページにしっかりと映されている。楽器と一緒に小学生の時に流行っていた”ラブベリ”の缶があたったけど、あれは一体何なんだろう。印象に残った言葉:『やさしいのが愛。届くのがきっと愛なんだ。』

  • リタ さん

    この本と一緒に『大丈夫であるように』のDVDも観ました。Coccoさんは沖縄が抱える痛み、ひいてはこの世界で息をするものすべての傷に涙しています。死へと向かいながらも、どうにかして生きてしまう自分を愛せずに、でも愛さずにはいられない自分を抱きしめようとしながら。  ちっぽけな私からちっぽけな「大丈夫」をCoccoさんに伝えたい。Coccoさんがその歌で包んでくれた命の一つとして。

  • かず さん

    Coccoの音楽はファーストアルバムから4枚目ぐらいまでが一番好きやけど、この映画はなんか泣ける。海の写真も素敵。

  • アスカ さん

    私の原点はこの人なのだろうな、と思った。こんなにも美しくて、強くて、繊細で、儚い人はいない。彼女が掲げたのは、あまりにもシンプルな「LOVE&PEACE」。それが早く世界に広がればいいと、祈らずにはいられない。

  • mkz さん

    たき火を見つめる顔の一枚が忘れられない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Cocco

沖縄に生まれたCoccoは、1997年3月にシングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを果たした。沸騰寸前のエモーショナルな歌声とセンセーショナルな歌詞、そして自爆寸前の焦燥を映し出したメロディーに重圧なギターリフという、彼女のスタイルはいつでもかわらない。楽曲から伝わってくる彼女の痛みや恨み、怒りや喪失感といったプリミティヴな叫びを共有することで、彼女は誰よりも特別な存在となっている。そして、そ

プロフィール詳細へ

Coccoに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド