みなみのしまのはなのいろ

Cocco

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784770502292
ISBN 10 : 477050229X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
32p;28

内容詳細

Cocco 15年ぶり、待望の新作絵本。
あした 花が 咲くよ。 暗い海の底で、誰もが、ドキドキしながら待ちわびる。
赤い花? 黄色い花? それとも青い花?
なに色でも、ただ咲いてくるだけでいい……。
美しい色彩と繊細なタッチで描かれる、たった一輪の希望の花。
Cocco 渾身の命への讃歌――。

《Cocco(コッコ)》
1977年、沖縄県那覇市出身。アーティスト。
シンガーソングライター・女優・絵本作家・エッセイストなど多方面で活躍。透明感のある独特な存在感を持つ。
絵本には『南の島の恋の歌』『南の島の星の砂』(共に河出書房新社)が、エッセイ集や小説『ポロメリア』(幻冬舎)などもある。

【著者紹介】
Cocco : 1977年、沖縄県那覇市出身。アーティスト。シンガーソングライター・女優・絵本作家・エッセイストなど多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たいぱぱ さん

    珈琲と手作りスイーツが美味しいカフェにて。今から18年前、FMラジオから流れてきた『焼け野が原』を聴いた時、彼女の痛々しいまでの心の叫びが、胸の奥に飛び込んできて「こいつは本物だ、本物のアーティストだ!」と思った衝撃を思い出しました。初めてCoccoさんの絵本を見ましたが、簡素にして優しい言葉選び、そして独特で幻想的な色彩の絵。やっぱり彼女は本物のアーティストでした。

  • acalist さん

    Coccoさん3冊目の絵本は、やさしくて心が穏やかになれる本。なんだろう、本当に心の波風が落ち着いた感じです。いつまで経ってもCoccoさんは私にとっての希望です。

  • 遠い日 さん

    Coccoさんは、こんなに幻想的な絵を描かれるのですね。花は命の象徴なのでしょう。咲くことへの喜び、待つ者の嬉しさ、ポジティブなパワーを感じます。

  • ゆりこ さん

    大好きなCoccoの絵本第三弾。思えば、南の島〜からもう随分経っているのね‥と感慨深いです。生まれてくる子どもたちへのエールが詰まった作品。

  • tsunehisa さん

    久々の絵本。こっこ自身、大分やわらかい雰囲気で音もポップになったなぁと思うけど、絵本も然り。でも相変わらず言葉の選び方は好きだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Cocco

沖縄に生まれたCoccoは、1997年3月にシングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを果たした。沸騰寸前のエモーショナルな歌声とセンセーショナルな歌詞、そして自爆寸前の焦燥を映し出したメロディーに重圧なギターリフという、彼女のスタイルはいつでもかわらない。楽曲から伝わってくる彼女の痛みや恨み、怒りや喪失感といったプリミティヴな叫びを共有することで、彼女は誰よりも特別な存在となっている。そして、そ

プロフィール詳細へ

Coccoに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品