CD

Disco And The Halfway To Discontent

Clinton (クリントン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VJCP68181
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

コーナーショップのサイド・プロジェクトとして、B面に落書き入りのシングルなどを出していたクリントンが、まさかの1stアルバム(Wiiija時代のシングルは未収録)それも自らのレーベル(MECCICO RECORDS)を設立してのリリース!シングル・カット曲M3のYALLA−DISCOの声、プォーン プォ プォーンの電子音、耳から離れません。M4、11の宇宙人、M6のインド音楽&あえぎ声、電子音ミーツシタールなM9、ノリノリのM12、M7のフレンチVoからM8の美メロインスト曲への展開も○。全て◎。

内容詳細

コーナーショップのティジンダーとベン・エアーズの二人が始めた新ユニット、クリントンの初アルバム。コーナーショップよりチープなディスコ・ビートに徹したシンプルなアレンジは新鮮で、BECKのデモ・テープを聴いているような音作りが魅力。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
'99年発表。ぶっといベースがブイブイ唸り、ペナペ...

投稿日:2007/11/10 (土)

'99年発表。ぶっといベースがブイブイ唸り、ペナペナのカシオトーンが耳を撫で、ハンドクラップがバシバシ響き、女性voが悩ましげに「ディスコ?」と歌いまくる。コーナーショップのティジンダーとベンによる別名ユニットが世に放つのは、70年代ファンク?80年代ヒップホップ?90年代フレンチ・ハウスを網羅したフューチャー・エスニック・ディスコ・サウンド。腰を直撃すると同時にヘッドホンで聴き込むと別の快感が…(笑)

0

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品