CD

In The World

Clifford Jordan (クリフォードジョーダン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCD23842
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

Charles Tolliver、Stanley Cowellが主催した「Strata East」レーベルに録音され、ウイントン・ケリー末期の録音として、ケニー・ドーハム、ドン・チェリーの参加(違い曲同士)が、話題を呼び、発売当時、ジャズ喫茶の超人気盤として君臨した作品。その後、多くのレコード会社がLP復刻、CD化を試みたが実現しなかった。今回、マスターテープ(元々、あまり音がよくない)からのリマスタリングでCD化が実現。60年代末のモダンジャズが残したジャズの金字塔アルバムとして忘れることの出来ない作品だ。

Don Cherry (cor -1,2) Kenny Dorham (tp -3,4) Julian Priester (tb) Clifford Jordan (ts) Wynton Kelly (p) Wilbur Ware (b -1,3) Richard Davis (b, cello -1,2, b -3,4) Albert "Tootie" Heath (d) Recorded NYC, Spring 1969
Strata-East SES 1972-1 原盤

内容詳細

ジョーダンが残した作品中もっとも野心的な一枚。チェリーの加わった前半とドーハムの加わった後半。どちらも素晴らしい内容だが、とりわけ不思議な静寂感とアグレッシヴな音楽性が共存した(1)が印象に残る。これぞジョーダンが示した新境地だった。(隆)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは、クリフォードジョーダンの最高傑作...

投稿日:2018/12/06 (木)

これは、クリフォードジョーダンの最高傑作だと思います。Viennaの 2(b)と2(ds)の構成が良いのとドンチェリーの(tp)ソロ、ウイントンんケリーの(p)ソロがすばらしい最高です。いつ聴いても感動します。

selim sivad さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
聞いたことのない人にどうとか、名盤がとい...

投稿日:2008/02/11 (月)

聞いたことのない人にどうとか、名盤がという問題でなく、これは当時ジャズ喫茶で聞いた自分たちの思い入れしかない。たとえて言えば昔映画館で観た映画。DVDで見たいという人に説明できないでしょう。

ステットソン さん | キング・ウイリアム街 | 不明

0
★
★
★
★
★
数年前、Strata-EastのレコードのCD化が...

投稿日:2006/09/26 (火)

数年前、Strata-EastのレコードのCD化が実現したとき当然、本盤もラインナップに加わっていると思いショップに駆け込んだのだが、何故かこのアルバムがなかった。 ようやく真打の登場である。驚いた。正直、嬉しい。 とくに、1曲目の「Vienna 」は、哀感漂うただよう旋律が美しく、ジャズの初心者でも耳に心地良く響くはずだ。 また、本盤は所謂「ジャズの名盤」として評価されていた だけではなく、ある時代に 全盛をきわめていたジャズ喫茶という空間の雰囲気を体感するためにも、格好の1枚になるだろう。

ストレートライフ さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Clifford Jordan

ハード・バップ期からポスト・バップ期に活躍したテナーサックス奏者。 リー・モーガン、ホレス・シルバー、チャーリー・ミンガスらとも共演し、その実力は確かなものであったが決定的なヒットに恵まれなかった知る人ぞ知るプレイヤー。

プロフィール詳細へ

Clifford Jordanに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品