CD 輸入盤

Brownie Speaks / Blue Note Albums (3CD)

Clifford Brown (クリフォード・ブラウン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
B002065702
組み枚数
:
3
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

トランぺッター、クリフォード・ブラウンへの注目が一気に高まった、1953年にリリースされたJ.J.ジョンソンとの10インチ・アルバム『Jay Jay Johnson with Clifford Brown』、ルー・ドナルドソンとの『New Faces New Sounds』、そして自身のセクステットによる『New Star On The Horizon』、さらにアート・ブレイキー、ルー・ドナルドソン、ホレス・シルヴァーと共演した伝説の1954年バードランドでのライヴ録音=アート・ブレイキー『バードランドの夜』をまとめたクリフォード・ブラウンのドキュメンタリーともいえる3枚組。今回はオリジナル・リリース以来初となるオリジナル・シークエンスでのリリース。ブック・スタイルの装丁でブックレットにはライナーノーツなどを掲載。

[DISC 1] M1〜6:
Clifford Brown (tp)
Lou Donaldson (as)
Elmo Hope (p)
Percy Heath (b)
Philly Joe Jones (ds)
New York, June 9, 1953

[DISC 2] M1〜6:
Clifford Brown (tp)
Gigi Gryce (as,fl)
Charlie Rouse (ts)
John Lewis (p)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)
New York, Aug. 28, 1953

[DISC 3] M1,2:
Clifford Brown (tp)
Idreas Sulieman (tp)
Gigi Gryce (as)
Benny Golson (ts)
Oscar Estell (bs)
Herb Mullins (tb)
Tadd Dameron (p)
Percy Heath (b)
Philly Jo Jones (ds)
June 11, 1953 (site not given, but presumably NYC)

[DISC 3] M1,2:
Clifford Brown (tp)
Art Farmer (tp)
Arne Domnerus (as)
Lars Gullin (bs)
Ake Persson (tb)
Bengt Hallberg (p)
Gunnar Johnson (b)
Jack Noren (ds)
Stockholm, Sweden, Sept. 15, 1953

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Carvin' The Rock
  • 02. Bellarosa
  • 03. Cookin'
  • 04. Brownie Speaks
  • 05. De Dah
  • 06. You Go To My Head

ディスク   2

  • 01. Wail Bait
  • 02. Hymn of the Orient
  • 03. Brownie Eyes
  • 04. Cherokee
  • 05. Easy Living
  • 06. Minor Mood

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Clifford Brown

クリフォード・ブラウンこそはジャズ史が生んだ“最もすばらしいトランペッター”にほかならない。マイルス・デイヴィスでさえトップスピードに乗ったブラウニーのソロには遠く及ばない。

プロフィール詳細へ

Clifford Brownに関連するトピックス

  • 「Clifford Brown & Max Roach」LP このアルバムの名場面を語り出したらキリがないんですが、私は「JOY SPRING」のブラウニーのソロをベスト1としま... |2018年04月05日 (木) 13:50
    「Clifford Brown & Max Roach」LP

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品