CD 輸入盤

ドイツ・グラモフォン120周年アニヴァーサリー・エディション〜シェラック盤の黄金期

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4836174
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ドイツ・グラモフォン120周年記念
アニヴァーサリー・エディション〜シェラック盤の黄金期


ドイツ・グラモフォン120周年を記念したこの『シェラック盤の黄金期』には、録音最初期1897年頃〜1930年代のシェラック盤時代の録音から特に価値のあるトラックが選ばれ、ピエトロ・マスカーニの自作自演、カルーソーのライバルといわれたバリトン歌手ティッタ・ルッフォによる『私は町の何でも屋』(歌劇『セヴィリャの理髪師』)、伝説のヴァイオリニスト、ヴァーシャ・プシホダによるドヴォルザークとエルガー、「モーツァルトのテノール」ユリウス・パツァークのオッターヴィオのアリア(歌劇『ドン・ジョヴァンニ』)、国際的スターのルイ・アームストロング、ララ・アンデルセンによるジャズのスタンダードなどが収録されています。
 全トラックがオリジナル盤からリマスタリング、CD化されました。(輸入元情報)

【収録情報】

『クラシック』
● マスカーニ:歌劇『仮面』より序曲(抜粋)
 ピエトロ・マスカーニ指揮、シュターツカペレ・ベルリン
 録音:1928年、ベルリン

● ショパン:夜想曲 第2番変ホ長調 Op.9-2
 ラウル・コチャルスキ(ピアノ)
 録音:1936年、ドイツ

● ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』より「Alles pflegt schon langst der Ruh」
 マリア・ミュラー(ソプラノ)
 ロベルト・ヘーガー指揮、ベルリン市立管弦楽団
 録音:1943年、ベルリン

● マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲
 ピエトロ・マスカーニ指揮、シュターツカペレ・ベルリン
 録音:1927年、ベルリン

● ロッシーニ:歌劇『セヴィリャの理髪師』より「私は町の何でも屋」
 ティッタ・ルッフォ(バリトン)&オーケストラ
 録音:1912年、イタリア

● エルガー:愛の挨拶 Op.12
 ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)
 オットー・A・グレーフ(ピアノ)
 録音:1938年、ドイツ

● ヴェルディ:歌劇『椿姫』より「Von der Freude Blumenkranzchen」(ドイツ語歌唱)
 アルダ・ノーニ(ソプラノ)
 アルトゥール・ローター指揮、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団
 録音:1942年、ベルリン

● ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番ハ長調 Op.46-1
 エーリヒ・クライバー指揮、シュターツカペレ・ベルリン
 録音:1929年、ベルリン

● J.S.バッハ:『エホバよ、われ汝に向かいて歌わん』 BWV.452
 ヘルムート・ヴァルヒャ(オルガン)
 カール・シュトラウベ指揮、トーマス教会少年合唱団
 録音:1927年、ベルリン

● レーガー:マリアの子守歌 Op.76-52
 エルナ・ベルガー(ソプラノ)
 ヴォルフガング・マルティン指揮、シュターツカペレ・ベルリン
 録音:1935年、ベルリン

● ドヴォルザーク:ユモレスク 変ト長調 Op.101-7
 ヴァーシャ・プシホダ(ヴァイオリン)
 オットー・A・グレーフ(ピアノ)
 録音:1929年、ドイツ

● アダン:歌劇『ロンジュモーの郵便馬車』より「友よ、物語を聞け」(ドイツ語歌唱)
 コロマン・フォン・パタキー(テノール)&オーケストラ
 録音:1930年、ドイツ

● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527より「Folget der Heisgeliebten」
 ユリウス・パツァーク(テノール)&オーケストラ
 録音:1935年、ドイツ

● シューベルト:アンセルモの墓で D.504
 ティアナ・レムニッツ(ソプラノ)
 ミヒャエル・ラウハイゼン(ピアノ)
 録音:1937年、ドイツ

『軽音楽』
● Paul Hoppe: Ein rheinisches Madchen beim rheinischen Wein
 ハインリヒ・シュルスヌス(バリトン)
 ヨハン・ハイデンライヒ(ピアノ)
 録音:1925年、ドイツ

● Denes von Buday: Ein Blumenstraus aus Nizza
 エルナ・ザック(ソプラノ)
 ヴァルター・シュッツェ指揮、オーケストラ
 録音:1936年、ドイツ

● ウィリー・エンゲル=ベルガー:In The Distnt Tropics
 ララ・アンデルセン&アンサンブル
 録音:1942年、ドイツ

● ジミー・マクヒュー:明るい表通りで(抜粋)
 ルイ・アームストロング&アンサンブル
 録音:1934年、アメリカ

● オットー・ロイター:Ick wundere mir uber jarnischt mehr
 オットー・ロイター&オーケストラ
 録音:1927年、ドイツ

● フリードリヒ・シュレーダー:Man musste Klavier spielen konnen
 ヨハンネス・ヘースタース(バリトン)&オーケストラ
 録音:1941年、ドイツ

● ニック・ラロッカ:タイガー・ラグ
 ルイ・アームストロング&アンサンブル
 録音:1934年、アメリカ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品