CD 輸入盤

『Quasi Morendo〜ブラームス:クラリネット五重奏曲、シャリーノ、ペソン』 レト・ビエリ、META4

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4818082
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ecm
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

新進気鋭のクラリネット奏者によるECMニュー・シリーズ3枚目のアルバム

『Quasi Morendo』は、2011年のソロ・クラリネット・アルバム『Contrechant』(カーター、ホリガー、エトヴェシュ、シャリーノ、ヴァイダの作品集)、ガリーナ・ウストヴォリスカヤのクラリネット三重奏曲をヴァイオリニストのパトリシア・コパンスカヤ、ピアニストのマルクス・ヒンターホイザーとともにパワフルに演奏した2014年のアルバムに続く、レト・ビエリのECMニュー・シリーズ3枚目のアルバムです。
 『Contrechant』では、このスイスのクラリネット奏者の幅広いテクニックに裏付けられた音色の美しさも非凡な表現力も広く絶賛されました。『Quasi Morendo』は、そのファースト・アルバムで演奏された作品の一つ、サルヴァトーレ・シャリーノの『Let me die before I wake』の新たな探究から始まります。そして次にビエリはフィンランドのメタ・フォー弦楽四重奏団と一緒に、ブラームスの五重奏曲の深い解釈による演奏を行います。クラリネット奏者リヒャルト・ミュールフェルトとのブラームスの友情の影響を受け、ブラームスの五重奏曲は初期の室内音楽よりも自由で、牧歌的に聴こえますが、それでもなお彼の最も注意深く構築された作品の一つです。アルバムはブラームスの『バラード』Op.10-4を少しだけ再編成したジェラール・ペソンの『Nebenstuck』で締めくくられます。
 ビエリは1975年、スイスのツーク生まれ。スイスの民族音楽に感化されて育ちました。バーゼル音楽院ではフランソワ・ベンダに師事し、ニューヨークのジュリアード音楽院ではチャールズ・ナイディックに師事しました。ジェルジュ・クルタークとクリスティアン・ツィメルマンの室内音楽の授業はもちろん、著作家ゲルハルト・マイヤーや音楽教授エバーハルト・フェルツとの出会いもビエリの活動にはっきりと影響を及ぼしています。(輸入元情報)

【収録情報】
1. シャリーノ:Let me die before I wake (1982)
2. ブラームス:クラリネット五重奏曲ロ短調 Op.115 (1891)
3. ペソン:Nebenstuck (1998)


 レト・ビエリ(クラリネット)
 META4(メタ・フォー弦楽四重奏団:2,3)

 録音時期:2016年11月9-11日
 録音場所:チューリッヒ、RSIスタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品