CD 輸入盤

Live In Germany: Green Leaves & Blue Notes Tour

Chuck Leavell (チャック リーベル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

収録曲   

ディスク   1

  • 01. In The Wee Wee Hours (06:28)
  • 02. (Get Your Kicks On) Route 66 (04:21)
  • 03. Living In A Dream (07:02)
  • 04. King Grand (05:35)
  • 05. Honky Tonk Woman (04:36)
  • 06. Rip This Joint (02:25)
  • 07. Coming Home (05:53)
  • 08. Down The Road A Piece (04:15)
  • 09. "Alberta, Alberta " (03:36)
  • 10. Band Introductions (01:30)

ディスク   2

  • 01. Here Comes The Sun (03:17)
  • 02. Tomato Jam (04:20)
  • 03. Blue Rose (07:46)
  • 04. Tumbling (03:41)
  • 05. Compared To What (08:11)
  • 06. Jessica (07:52)
  • 07. Georgia (04:47)
  • 08. "Statesborro Blues - Henning Eichler, Chuck Leavell " (06:04)
  • 09. Savannah (06:31)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 チャック・リーヴェルのことを、ローリン...

投稿日:2008/05/20 (火)

 チャック・リーヴェルのことを、ローリング・ストーンズのサポートでしか知らなかったのですが,このライブ盤はかっこいいですね。このアルバムのチャックの素朴なピアノ・サウンドは、ストーンズのライブ盤(『シャイン・ア・ライト』、『ライブ・リックス』、『ノー・セキュリティ』等)で聞ける彼のキーボードの音とは,全然違っていて驚きました。きっと,彼はストーンズの音源のミキシングには関わっていないんだろうな。

ストーンズ・ファン さん | 関東 | 不明

0
★
★
★
★
★
エルトン・ジョンの『11-17-70』か、レオン...

投稿日:2008/05/19 (月)

エルトン・ジョンの『11-17-70』か、レオン・ラッセル『Leon Live』ばりに熱いライブ盤。最高。

サザン・ロッカー さん | アメリカ南部 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
シー・レヴェル風のインストを期待して聴い...

投稿日:2008/05/18 (日)

シー・レヴェル風のインストを期待して聴いたら、チャックが歌う歌う。悪くはないのですが、わたくし的には失敗でした。

SINCE1972 さん | 東京都品川区 | 不明

0

おすすめの商品