CD 輸入盤

Anthology

Chuck Berry (チャック・ベリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1123042
組み枚数
:
2
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2000
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2000年にリリースされた新定番となり得る充実のベスト盤。CD2枚組にわたってチャック・ベリーの、そしてロックンロールの真髄が堪能できる。”ロール・オーヴァー・ベートーヴェン”、”トゥ・マッチ・モンキー・ビジネス”、”ロックンロール・ミュージック”、”スウィート・リトル・シックスティーン”、”ジョニー・B・グッド”、”キャロル”など誰もが一度は耳にしたことがあるに違いない古典がギッシリ。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Maybellene
  • 02. Wee Wee Hours
  • 03. Thirty Days
  • 04. You Can't Catch Me
  • 05. Downbound Train
  • 06. No Money Down
  • 07. Brown Eyed Handsome Man
  • 08. Roll over Beethoven
  • 09. Too Much Monkey Business
  • 10. Havana Moon
  • 11. School Days
  • 12. Rock & Roll Music
  • 13. Oh Baby Doll
  • 14. Sweet Little Sixteen
  • 15. Guitar Boogie
  • 16. Reelin' and Rockin'
  • 17. Johnny B. Goode
  • 18. Around and Around
  • 19. Beautiful Delilah
  • 20. House of Blue Lights
  • 21. Carol
  • 22. Jo Jo Gunne
  • 23. Memphis
  • 24. Sweet Little Rock & Roller
  • 25. Little Queenie
  • 26. Almost Grown

ディスク   2

  • 01. Back in the U.S.A.
  • 02. Do You Love Me
  • 03. Betty Jean
  • 04. Childhood Sweetheart
  • 05. Let It Rock
  • 06. Too Pooped to Pop
  • 07. I Got to Find My Baby
  • 08. Don't You Lie to Me
  • 09. Bye Bye Johnny
  • 10. Jaguar and Thunderbird
  • 11. Down the Road a Piece
  • 12. Confessin' the Blues
  • 13. I'm Talking About You
  • 14. Come On
  • 15. Nadine
  • 16. You Never Can Tell
  • 17. Promised Land
  • 18. No Particular Place to Go
  • 19. Dear Dad
  • 20. I Want to Be Your Driver
  • 21. Tulane
  • 22. My Ding-A-Ling - (single edit)
  • 23. Reelin' and Rockin'
  • 24. Bio

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
チャック・ベリーの代表曲から隠れた名曲ま...

投稿日:2009/07/11 (土)

チャック・ベリーの代表曲から隠れた名曲まで、全50曲。 コレだけ入ってこの値段はお得。 怪しい編集盤が横行する中、これは正真正銘チェス・レーベルのオリジナルのみ収録で、初心者も安心。

davidwatts さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chuck Berry

ロックンロールの先駆者、いわゆるロックンロール・ジャイアンツと言われて、エルヴィス・プレスリーやバディ・ホリー、ビル・ヘイリー、リトル・リチャードなどと並んでまず出てくるのがこのチャック・ベリーだろう。独特のイントロ、テテテ、テケ、テケ、テケ、テケ…というフレーズはチャック・ベリーのトレードマークであり、ロックンロールと人が聞いて思い出す雰囲気を象徴するのがこうした音であることは言うまでもない

プロフィール詳細へ

Chuck Berryに関連するトピックス

おすすめの商品