Chilo Moran Y Su Quinteto

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

CD 輸入盤

Trompeta Psicodelica

Chilo Moran Y Su Quinteto

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CSM262
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Mexico
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ,輸入盤

商品説明

「サイケデリック・トランペット」なる60年代B級ジャズの逸品、
奇跡?の再発。
ジャジーでロッキンなメキシコ「ナイト・クラブ」を
賑わした謎のグルーヴィ・クインテット。


辺境ジャズなる切り口があるなら、ズッぱまり。このB級風情はたまらなくシュール!謎の音楽桃源郷メキシコから発掘されたのは、「サイケデリック・トランペット」なる、いわゆるナイト・クラブを根城に活躍した、あまりにレア過ぎる逸品。リーダー・トランペットのチロ・モランは、現在も活躍するメキシコ・ジャズ界の重鎮らしく、クリフォード・ブラウンを心酔する演奏家。彼が自身のクインテットを率いて60年代後期に録音したのがこの1枚。 基本は紛れもなくジャズ・コンボなのだが、ロック、リズム&ブルース、そしてラテンを無造作なまでににミックスしたコンセプトで、弾けるトランペットがファンキーに唸るセンスが「サイケデリック」な所以。真性ジャズ・オーソリティなら失笑必至だが、演奏自体は意外に上モノ。目くるめくリズムの展開をズパっと切り裂くトランペットのソロ・フレーズ、そしてバックのリズム・セクションもエキサイティングで、60年代当時は、コレでかなりの腰砕けファンを作ったんだろうな...と思ってしまうほど。ラテン・ジャズっぽいリズムから無理やり4つ打ちが挿入され、スウィングの後に怪しい掛け声でブレイクする...いかにも怪しいトラック群。この面白さこそB級グルーヴ。ハマると、実はけっこうイイかも。1968年 メキシコMAYAレーベル・オリジナル。

収録曲   

  • 01. Guadalarara
  • 02. Mezcal
  • 03. Las Chipanecas
  • 04. Alla En El Rancho Grande
  • 05. Rayando El Sol
  • 06. Jarabe Tapatio
  • 07. Tequila
  • 08. La Borrachita
  • 09. Adios Mariquita Linda
  • 10. Adios Mi Chaparrita

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラテン に関連する商品情報

おすすめの商品