DVD

おきなわのホームソング Vol.2

基本情報

カタログNo
:
ASBY4070
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
(C)琉球放送
その他
:
2007
追加情報
:
歌詞カード付

内容詳細

【おきなわのホームソングとは?】
1960年代後半に琉球放送にてスタートした「RBCラジオホームソング」から始まり・・・あれから40数年・・・「恋しくて」「涙そうそう」など名だたる代表楽曲を世に提供してきたBEGINとRBCの共同企画「おきなわのホームソング」がそれである。子供達に夢と希望を!との願いで立ち上げた沖縄発のプロジェクト。【うた】への感謝を込めた子供達への贈りもの。そして、未来へのメッセージである。

【8月、10月〜12月のうた楽曲説明】
【8月】「ヤンバルテナガコガネの王様」
※沖縄本島の北部に生息するテナガコガネの一種。
珍しい昆虫として有名。
国内最大の甲虫で国の天然記念物に指定されている
≪作詞≫:砂川由美子 ※「紫」のマネージメントを行いながら、今回の作詞を手がける。
≪作曲≫:ジョニー宜野湾
※82年にロックバンドのギタリストとしてメジャーデビュー。脱退後は沖縄に戻り、”県産品歌手”として活躍中。
≪編曲≫:迎里中(むかいざとあたる)
※BEGINのツアーやレコーディングに多数参加しているベーシスト。兄弟でバンド”Born ti Cafta”を結成、活動中。
≪うた≫:マスト
※東京で活躍する石垣島出身バンド・ノーズウォーターズのヴォーカリスト。
≪アニメ制作≫:宮平優子

【10月】「イチャサン」
※沖縄の方言で「失うのが惜しい」「愛惜の情を感じる」場合などに使われる。簡単に言うと「もったいない」という意味。
≪作詞≫:ビセカツ
※作詞家、音楽プロデュース、執筆活動と様々な分野で活躍中。
≪作曲≫:與那覇徹(よなはとおる)
※数々の芸歴や受賞歴を持つ沖縄民謡界の若手NO.1唄者。
≪編曲≫:新垣盛弘
≪うた≫:比嘉久美子 ※コザ在住の若手唄者。與那覇徹氏の100人を超える弟子の中から抜擢された。
≪アニメ制作≫:ビッグウィスキー

【11月】「大綱曳き」
※「綱曳き」は現在でも県内各地で行われており、琉球王朝時代には国王の即位の際に国の繁栄と五穀豊穣を願って盛大に行われた。
≪作詞≫:吉川安一
※沖縄・名桜大学教授。沖縄のポップスの中で最も有名な楽曲の1つ「芭蕉布」の作詞を手がける。
≪作曲・編曲≫:上地正昭
※八重山民謡の旗手、パーシャ・クラブのギタリストでありながら、沖縄を代表するベーシストでもある。
≪うた≫:チアキ ※98年に結成された沖縄発のユニット”しゃかり”のヴォーカリスト。
≪アニメ制作≫:チームなっちゃん

【12月】「かりゆしサンタ」
※「かりゆし」とは「めでたい」、「寿」というような意味。
≪作詞≫:ちゅんなー屋 ※BEGINヴォーカリスト比嘉栄昇のペンネーム
≪作曲・編曲≫:島袋優 ※BEGINのギタリスト
≪うた≫:メルシーさん
≪アニメ制作≫:徳元佐和子

“子供たちに夢と希望を!”をコンセプトにオリジナルの沖縄ソングを作ろうという、BEGINのヴォーカリスト、比嘉栄昇とRBC琉球放送による共同企画作。ジョージ紫作曲の「走えーゴンゴン」をはじめ、全4曲を収録している。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

スポーツ&ドキュメンタリー に関連する商品情報

おすすめの商品