CD

Chicago 8: 未だ見ぬアメリカ

Chicago (シカゴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR80252
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター

商品説明

FOREVERYOUNGシリーズ

パーカッショニストのラウヂール・ヂ・オリヴェイラが正式加入し、バンド創設以来の7人編成から8人編成となって発表した8作目。「拝啓トルーマン大統領」(全米シングル・チャート13位)、「追憶の日々」(同5位)、「明日のラヴ・アフェア」(同61位)等を収録した全米アルバム・チャートNO.1獲得作品。ボーナス・トラックとして当時未発表だった「シックス・センス(リハーサル)」、「ブライト・アイズ(リハーサル」に加え、著名なテレビ司会者/プロデューサー、ディック・クラークの定番年越し番組『ディック・クラークのロッキン・ニュー・イヤーズ・イヴ』74年に出演時の「サテン・ドール」を収録。 

2002年デジタル・リマスター
1975年作品

解説付 歌詞付 対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

パーカッショニストのラウチール・ヂ・オリヴィエラが正式加入し、8人編成バンドとなって発表した8作目のアルバム。「拝啓、トルーマン大統領」「追憶の日々」「明日のラヴ・アフェア」などのヒット曲を収録している。1975年発表作品。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昭和50年、大学1年生のときにLP買って...

投稿日:2011/10/30 (日)

昭和50年、大学1年生のときにLP買って以来、このアルバムはシカゴの中でも特にお気に入りです。先ず、ジャケットがカッコいい。内容もポップでハードで、バラエティーに富んでいるので楽しめますよ。1曲目ノリノリで始まって、10曲目郷愁誘われるメロディーで締めくくられた良質のアルバムと思います。

cornbread さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
異色作。前作のロマンティズムと変わって現...

投稿日:2011/02/02 (水)

異色作。前作のロマンティズムと変わって現実的な印象を受ける。70年代のシカゴはアルバムそれぞれが個性的なカラーを持っておりとても興味深い。パーカッション担当ロウディの正式加入は個人的にいけなかったと思う、存在感も殆ど無い。

ごっちん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
個人的には尖ったシカゴも好きなので、”ハ...

投稿日:2010/10/23 (土)

個人的には尖ったシカゴも好きなので、”ハード・ロック”の側面が強く出たこのアルバムは愛聴盤です。本当にカッコイイですよ!

優季の父 さん | 大阪府 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chicago

30年以上のキャリアを誇るものの、人気の並が激しく、過去何回もの危機を乗り越えて活動を展開してきたシカゴ。当初は硬派なブラス・ロックと呼ばれ、のちにミドル・オブ・ザ・ロードなバラードなどを得意とするポップ・バンドとしても成功を収めた彼らの軌跡は、ショウビズ界の荒波を潜り抜けて創作を続けることの困難さを、身を持って示してくれている。

プロフィール詳細へ

Chicagoに関連するトピックス

おすすめの商品