CD

Chicago 11

Chicago (シカゴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR80254
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

FOREVERYOUNGシリーズ

1978年に不慮の事故で他界したテリー・キャスが参加した最後のアルバムで、シカゴの磨き抜かれたセンスが光る1枚となっている。ビーチ・ボーイズ、さらにはチャカ・カーンがゲスト参加。「朝もやの二人」(全米シングル・チャート4位)、「愛しい我が子へ(リトル・ワン)」(同44位)、「シカゴへ帰りたい」(同63位)等を収録の他、ボーナス・トラックとして「ウィッシュ・アイ・クッド・フライ(リハーサル)」、「パリ(リハーサル)」を収録。結果的に永年プロデューサーを務めてきたジェイムズ・ウィリアム・ガルシオ最後のプロデュース作品となった。全米アルバム・チャート6位。

2003年デジタル・リマスター
1977年作品

解説付 歌詞付 対訳付

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

アメリカン・ロックを代表するバンド、シカゴのデジタル・リマスター再発シリーズ第3弾。1978年に不慮の事故で他界したテリー・キャスが参加した最後のアルバムで、センスの良さが光る1977年作。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
シカゴの全作品群の中でもこの作品がダント...

投稿日:2012/02/18 (土)

シカゴの全作品群の中でもこの作品がダントツで一番好きだなぁ〜!! #1の「ミシシッピー」から#11の「リトル.ワン」まで最高の時間を味わえる素晴らしい名盤!!俺が60、70歳になっても聞きつづけるであろう大切な宝物!そんなアルバムです!!

蒼詩 さん | 三重県 | 不明

0
★
★
★
★
★
黄金期の彼らを彷彿させる完成度の高い作品...

投稿日:2011/02/02 (水)

黄金期の彼らを彷彿させる完成度の高い作品。イメージは前作の「夏」から「晩秋」へ季節が移ったかのようだ。何より悲しいのはテリーの死である、本作はテリーの曲で始まり、また、終わるのだが、まるで彼が自らの事を予測していたかのようで怖い、ラストは涙なくして聴けない名曲だろう。本作発表は77年だが、同時期に多くの偉大なロッカー達が他界している。

ごっちん さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
テリー在籍最後の作品、本当のシカゴ最後の...

投稿日:2009/07/03 (金)

テリー在籍最後の作品、本当のシカゴ最後の作品、集大成。Little Oneが最高。もちろん今のシカゴも最高だが、あの時代には戻れない。このXIからさかのぼって、聞いていくのが一番シカゴが理解できるかも。

kazuya さん | 大阪府 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chicago

30年以上のキャリアを誇るものの、人気の並が激しく、過去何回もの危機を乗り越えて活動を展開してきたシカゴ。当初は硬派なブラス・ロックと呼ばれ、のちにミドル・オブ・ザ・ロードなバラードなどを得意とするポップ・バンドとしても成功を収めた彼らの軌跡は、ショウビズ界の荒波を潜り抜けて創作を続けることの困難さを、身を持って示してくれている。

プロフィール詳細へ

Chicagoに関連するトピックス

おすすめの商品