CD 輸入盤(国内盤仕様)

At Onkel Po's Carnegie Hall Hamburg 1979 (2CD)

Chet Baker (チェット・ベイカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKJ2019
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

79年チェット・ベイカー、フィル・マーコウィッツらを迎えたカルテットによる演奏
30分近くに及ぶ演奏でもアイディア豊かに繰り広げる好調ぶりも示す演奏!


1970年代から80年代半ばにかけて、ハンブルグ及び、ドイツ全土のジャズ・シーンの中心を占めていたOnkel Po’s Carnegie Hallでのライヴ音源を作品化するシリーズ。79年のチェット・ベイカー。
 チェットは、70年代半ばにCTIを舞台としてリーダー作やジム・ホールとの共演盤などを発表、米国でも完全復活を遂げましたが、77年のA&M録音『You Can't Go Home Again』はこの時期を代表する傑作と高い評価を得ました。
 このアルバムに収められている「Love For Sale」は、ジム・ホール盤収録の「You'd Be So Nice To Come Home To」などと同様、オールド・スタンダードに新しい命を与えた名演として知られていますが、ここに収められた79年版「Love For Sale」も、77年のヴァージョンを踏襲してフレッシュな演奏が繰り広げられています。
 ここでチェットをバックアップしているのは、フィル・マーコヴィッツ(p)、ジャン=ルイ・ラシンフォッス(b)、チャーリー・ライズ(ds)の3人。
 カルテットの演奏は全部で5曲。30分近くに及ぶものもあり、じっくりと4人のプレイを楽しむことができますが、とりわけリーダーのチェットは好調で、長いソロでもアイデアの尽きることがありませんし、この時期の彼が晩年(80年代後半)のプレイとは明らかに異なる力強さと切れを持っていたことが良くわかります。哀愁のバラードとスウィートなヴォーカル/ 歌心あふれるスキャット、切れのいいトランペット・ソロどれもを味わえる貴重なライヴ演奏です。(輸入元情報)

メンバー:
Chet Baker(tp, vo), Phil Markowitz(p), Jean Louis Rassinfosse(b), Charlie Rice(ds)

録音:1979年4月2日 ドイツハンブルグ オンケル・ポー・カーネギー・ホール(
原盤CD / N.77038、LP / N.78038
日本語帯、解説付

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Love For Sale (18:07)
  • 02. You Can't Go Home Again (13:26)
  • 03. There'll Never Be Another You (16:30)

ディスク   2

  • 01. Black Eyes (27:51)
  • 02. Broken Wing (23:44)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Chet Baker

チェットはドイツのベルリンに派遣され、ここでVディスクなどで初めて本格的にジャズに触れることになる。ディジー・ギレスピーこそがはじめてのアイドルであり、やがてハリー・ジェームスが加わった。ハリー・ジェームスを好むあたりにも、ビバップの香りだけでない、オシャレな音楽家チェットの面影が浮かんでくる。

プロフィール詳細へ

Chet Bakerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品