図説 ヨーロッパ宮廷を彩った陶磁器: プリンセスたちのアフタヌーンティー (ふくろうの本/世界の文化)

Chatea紅茶教室

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762838
ISBN 10 : 4309762832
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;22

内容詳細

アフタヌーンティーは総合芸術?!マイセン、ウェッジウッド、ミントン…ヨーロッパ宮廷で王たちを魅了した美しいテーブルウェア。バロック、ロココ、ネオクラシカル…様式の流行と陶磁器のデザインの連動性。天使、薔薇、フルーツ…陶磁器に描かれるモチーフの意味。これまでにない視点の1冊!

目次 : 第1章 バロック様式―東洋磁器に憧れて/ 第2章 ロココ様式―マダムたちのインテリア/ 第3章 ネオクラシカル様式―新しい時代の始まり/ 第4章 アンピール様式―権威の象徴/ 第5章 ロココ・リヴァイバル様式―ロマン主義とともに/ 第6章 ゴシック・リヴァイバル様式―中世へ想いを馳せる

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kiyoka さん

    すごく良かった。著者の本は同シリーズでの『紅茶』や『ティーカップの歴史』などを読んでいた。他にも同じようなテーマの本を何冊か書いているみたいだけどまだ書くことがあるの?と思っていたら今回もとても充実した内容だった。陶磁器と王侯貴族との繋がりは深く、陶磁器の歴史は王室の、文化の歴史でもあるんだ。陶磁器だけではなく建築様式や庭園、絵画や音楽まで及ぶ。バロックからロココ、ネオクラシカル、アンビール、ゴシック・リバイバルまで。それぞれの説明を読んでいると流れもわかってとても勉強になる。美しい写真は目の保養に。

  • まつ さん

    Cha Teaさん2冊目ですが、今回も圧倒的な知識と情報に感心するばかり!西欧の美術・建築・文化史について、16世紀末のバロック様式から始まり、ロココ、ネオクラシカル、アンピール…と概観し、その時々の陶磁器を豊富な写真資料で紹介してくれます。願わくば全編カラー写真にして欲しかった^^; さて私が最も惹かれるのは、バロックの時代に西欧に伝わり、アンピールの時代に再流行する金襴手や柿右衛門様式の陶磁器です。力強いその存在感は、見ていて飽きません。いずれはロイヤルクラウンダービーのオールドイマリを手に入れたい!

  • るるぴん さん

    ヨーロッパの建築やインテリアに沿った陶磁器を紹介している。バロック、ロココ、ネオクラシカル、アンピール、ロココリバイバル、ゴシックリバイバルへの移行の時代背景、世相、建築の特徴など総合的な欧州文化全般がわかる1冊。トピックで紹介される各国の貴族や王族のエピソードなども興味深い。学術的な小難しい本では無く、非常にわかりやすく、内容も整理されていて濃いので読み応えも十分、勉強にもなる。アンティークな室内装飾と家具、陶磁器の好ましいセッティング、合わせ方の参考になり教養書としてもオススメ。

  • takakomama さん

    ヨーロッパの宮廷で使われた陶磁器が綺麗で、華やかで、心がときめきます。バロック、ロココ、ネオクラシカル、アンピール、ロココ・リヴァイバル、ゴシック・リヴァイバル、陶磁器だけでなく、建築やインテリアの変遷もわかります。

  • さくは さん

    ヨーロッパの建築様式、室内インテリアと食器のデザインやモチーフとのつながりを豊富な図版で紹介している。バロック、ロココ、ネオクラシカル、アンピール、エオココ・リヴァイバル、ゴシック・リヴァイバル。各様式をイメージしたテーブルコーディネートもあり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品