LPレコード 輸入盤

With Strings (カラーヴァイナル仕様/180グラム重量盤レコード)

Charlie Parker (チャーリー・パーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BN840110
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

Verve期のチャーリー・パーカー大人気盤=『With Strings』がBird's Nestより待望の登場!

通常のバンド編成よりこっちが好き…なんて人も少なくはないはずのストリングス盤!美しく編曲された弦楽に寄り添うように響くバードのサックスが心底美しい…。彼の隠されていた美意識が発揮された屈指の名盤です!LP盤は180g重量盤・カラー盤という豪華仕様!レコードで聴く本作は尚のこと味があって大変素晴らしい!

メンバー:Charlie Parker (as), on all tracks, Plus:
A1-A6 : Mitch Miller (oboe, eng-horn), Stan Freeman (p), Meyer Rosen (harp), Bronislaw Gimpel, Max Hollander,
Milton Lomask (vln), Frank Brieff (viola), Frank Miller (cello), Ray Brown (b), Buddy Rich (ds), Jimmy Carroll (Arr, Cond).
New York, November 30, 1949.
A7-A9 & B1-B5: Joseph Singer (fhr), Edwin C. Brown (oboe), Bernie Leighton (p),
Sam Caplan, Howard Kay, Harry Melnikoff, Sam Rand, Ziggy Smirnoff (vln), Isadore Zir (viola), Maurice Brown (cello), Verley Mills (harp),
Ray Brown (b), Buddy Rich (ds), Joe Lipman (arr, cond).
New York, July 5, 1950.
B6-B9: Chris Griffin, Al Porcino, Bernie Privin (tp), Will Bradley, Bill Harris (tb), Unknown (fl & oboe), Toots Mondello, Murray Williams (as),
Hank Ross, Art Drellinger (ts), Stan Webb (bar), Lou Stein (p), Verley Mills (harp), Unknown Strings, Art Ryerson (g), Bob Haggart (b),
Don Lamond (ds), Joe Lipman (arr, cond).
New York, January 22 Or 23, 1952.
All original sessions produced by Norman Granz.
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

Side A

  • 01. April In Paris
  • 02. Summertime
  • 03. If I Should Lose You
  • 04. I Didn't Know What Time It Was
  • 05. Everything Happens To Me
  • 06. Just Friends
  • 07. They Can't Take That Away From Me
  • 08. Out Of Nowhere
  • 09. East Of The Sun

Side B

  • 10. Easy To Love
  • 11. I'm In The Mood For Love
  • 12. I'll Remember April
  • 13. Laura
  • 14. Dancing In The Dark
  • 15. Temptation
  • 16. Lover
  • 17. Autumn In New York
  • 18. Stella By Starlight

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Parker

1947年4月ニューヨークに戻ったパーカーは、新しいグループを結成する。マイルス・デイヴィス(tp)デューク・ジョーダン(p)トミー・ポッター(b)マックス・ローチ(ds)を従えた「チャーリー・パーカー・クインテット」である。また、パーカーには「ビリーズ・バウンス」を捧げて録音した敏腕のマネージャー、ビリー・ショウが付き、ビジネス的にも大きな成功を収めつつあった。演素はすでにビバップの時代を抜けつ

プロフィール詳細へ

Charlie Parkerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品