CD 輸入盤

Jazz At Massey Hall

Charlie Parker (チャーリー・パーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BN244101
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

チャーリー・パーカー復刻専科レーベル=Bird's Nestより登場

ビバップのオールスター達による名演=マッセイ・ホールでの53年ライブが復刻、しかも当時の演奏順に再構成された完全版です!
 尚且つこれ、オリジナル盤にはミンガスによってオーバーダブされていた低音とエコーをカットしたバージョン!まさにライブ演奏当日の状況を捉えたもの!貴重どころの騒ぎではないですよ!(輸入元情報)

メンバー:
Charlie Parker (as), Dizzy Gillespie (tp), Bud Powell (p), Charles Mingus (b), Max Roach (ds).
Live at Massey Hall, Toronto, Canada, May 15, 1953.

Note: “Drum Conversation” is a solo feature by Max Roach.
Tracks 5 to 10 by the Bud Powell Trio (omit Parker & Gillespie).

*Bonus Track: Charles Mingus (b), Billy Taylor (p), Unknown (ds).
New York, August 1953.

収録曲   

  • 01. Wee
  • 02. Hot House
  • 03. A Night in Tunisia
  • 04. Drum Conversation
  • 05. I’ve Got You Under My Skin
  • 06. Embraceable You
  • 07. Sure Thing
  • 08. Cherokee
  • 09. Hallelujah
  • 10. Lullaby of Birdland
  • 11. Perdido
  • 12. Salt Peanuts
  • 13. All the Things You Are
  • 14. 52nd Street Theme
  • 15. Bass-ically Speaking*

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
あたしにとってビーバップはパンク!言葉いえた...

投稿日:2006/03/09 (木)

あたしにとってビーバップはパンク!言葉いえた白人のパンクより、言葉、意見できない黒人のジャズの方が激しい。心情を歌うから悪魔の音楽になったブルース…。今の芸術になったジャズにはない。力と何よりも格好良さがあるの!

ペパーミント さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
必ずと言っていいほどジャズの名盤として語...

投稿日:2003/09/26 (金)

必ずと言っていいほどジャズの名盤として語られるパーカー、ガレスピー、パウエルというすさまじいメンバーが一堂に会した問題作。しかし僕はこのアルバム、パーカーの入っているレコードの中で一番嫌いである。同じ時期だったら『ロックランドパレス』のライブの方がはるかにいいと思う。パーカーはすでに低迷を始め、ガレスピーは保守的になり、そしてパウエルは麻薬から立ち直った直後という条件の上、運悪くこの日のそれぞれテンションは悲惨なまでに低いのだ。と、いうのはこれより二年前のブロードキャスト盤「サミット・アット・バードランド

村山 さん | 長野 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
1953年のライブ録音。パーカー、ガレス...

投稿日:2003/07/23 (水)

1953年のライブ録音。パーカー、ガレスピー、パウエル、ミンガス、ローチ、というものすごい豪華メンバーによる、魅力的な作品だ。が、その内容そのものにはそれ程すばらしいという感じを受けない。パーカーのソロには以前のようなひらめきがあまり見られないし、ガレスピーも吹きまくっているわけではない。パウエルにしたって同様、ミンガスやローチはいいとしても、このメンバーなのになぜ?と思ってしまう。テンション低めの後期バップの記録。

ヴァンガード さん | 不定 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Parker

1947年4月ニューヨークに戻ったパーカーは、新しいグループを結成する。マイルス・デイヴィス(tp)デューク・ジョーダン(p)トミー・ポッター(b)マックス・ローチ(ds)を従えた「チャーリー・パーカー・クインテット」である。また、パーカーには「ビリーズ・バウンス」を捧げて録音した敏腕のマネージャー、ビリー・ショウが付き、ビジネス的にも大きな成功を収めつつあった。演素はすでにビバップの時代を抜けつ

プロフィール詳細へ

Charlie Parkerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品