LPレコード 輸入盤

Bluebird (アナログレコード)

Charlie Parker (チャーリー・パーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BN840103
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
2ボーナストラック,輸入盤

商品説明

パーカーとマイルス、ジャズの二台巨星の交わりを捉えた名盤が復刻!ボーナストラックがまたすごい、ロリンズにウォルター・ビショップJr がバックにいるマイルス・バンドにチャーリー・パーカーが参加!

メンバー:Charlie Parker (as), Miles Davis (tp) on all tracks, plus:
A1-A4: Walter Bishop, Jr. (p), Teddy Kotick (b), Max Roach (ds). New York, January 17, 1951.
A5, B1, B3-B4: Duke Jordan (p), Tommy Potter (b), Max Roach (ds). Detroit, December 21, 1947.
A6-A7, B8: John Lewis (p), Curly Russell (b), Max Roach (ds). New York, September 24, 1948.
A8 & B2: Dizzy Gillespie (p on A8), Argonne Thornton [aka Sadik Hakim] (p on B2), Curly Russell (b), Max Roach (ds). New York, November 26, 1945.
B5-B7: John Lewis (p), Curly Russell (b), Max Roach (ds). New York, September 18, 1948.
*Bonus Tracks (A9 & B9): Miles Davis Sextet feat. Charlie Parker.
Sonny Rollins (ts), Walter Bishop, Jr. (p), Percy Heath (b), Philly Joe Jones (ds). New York, January 30, 1953. Parker plays tenor sax.
A1-A4: Originally produced by Norman Granz for Mercury/Clef, and later Verve.
A5-A8 & B1-B8: Originally produced by Herman Lubinsky & Teddy Reig for Savoy.
A9 & B9: Originally produced by Bob Weinstock for Prestige.

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Au Privave
  • 02. She Rote
  • 03. K. C. Blues
  • 04. Star Eyes
  • 05. Another Hair-Do
  • 06. Steeplechase
  • 07. Merry-Go-Round
  • 08. Billie's Bounce
  • 09. Compulsion *
  • 10. Bluebird
  • 11. Thrivin' From A Riff
  • 12. Klaunstance
  • 13. Bird Gets The Worm
  • 14. Barbados
  • 15. Ah-Leu-Cha
  • 16. Constellation
  • 17. Perhaps
  • 18. 'Round Midnight *  (*)Bonus Tracks

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
サヴォイ、ダイアルの名演奏に加え、一部バ...

投稿日:2003/11/11 (火)

サヴォイ、ダイアルの名演奏に加え、一部バードランドなどでのライブも収録。いいに決まっている。でも、何て中途半端な選曲なんでしょうね

tugaruhanntou さん |    | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Parker

1947年4月ニューヨークに戻ったパーカーは、新しいグループを結成する。マイルス・デイヴィス(tp)デューク・ジョーダン(p)トミー・ポッター(b)マックス・ローチ(ds)を従えた「チャーリー・パーカー・クインテット」である。また、パーカーには「ビリーズ・バウンス」を捧げて録音した敏腕のマネージャー、ビリー・ショウが付き、ビジネス的にも大きな成功を収めつつあった。演素はすでにビバップの時代を抜けつ

プロフィール詳細へ

Charlie Parkerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品