SHM-CD

Tokyo Adagio

Charlie Haden (チャーリー・ヘイデン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCI1021
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

2014年7月に惜しくも他界した名ベーシスト、チャーリー・ヘイデンとキューバ出身の天才ピアニスト、ゴンザロ・ルバルカバが2005年3月にBlue Note Tokyoで行ったライヴの名演を収録したデュオ作品。

2人は1986年にキューバで初めて出会い、その出会った瞬間にヘイデンは英語も理解できないルバルカバ(当時23歳)に運命的なテレパシーを感じたとのこと。その後1998年の有名なモントリオール・テープス、アルバム『Nocturne』 (2001) 『Land of the Sun』 (2004)などで共演、素晴らしい作品を生み出した。 本公演の10年後となる今年に新生impulse!がリリースすることがようやくできた本作、ヘイデンは生前自分のことを “an adagio guy.”)と言及していたそうで本作を聴くとヘイデンのスピリットが今でも私たちと一緒ということを感じることのできる美しい作品。

Gonzalo Rubalcaba (p)
Charlie Haden (b)
Recorded Live at Blue Note Tokyo, Japan on March 16th to March 19th, 2005.
Mixed by Jay Newland. Mastered by Mark Wilder at Battery Studios, NY Produced by Charlie Haden, Ruth Cameron-Haden and Jean-Philippe Allard.

内容詳細

本作品は2014年に逝去したヘイデンが、ルバルカバと残した2005年ブルーノート東京でのライヴを音源化したもの。テクニックはもとより巧みな選曲と構成が素晴らしく、きわめてレベルの高い作品となっている。ヘイデン得意のデュオだけに落ち着いた深みのある一枚を十分に堪能できるだろう。★(木)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Charlie Haden

Charles (Edward) Hadenは1937年8月6日、彼自身が22ヶ月で“デビュー”することになる、ラジオ・ショウを持っていたC&Wのファミリー・バンドの家族としてアイオア洲、Shenandoahに生まれ。歌っていたチャールスは、15歳でポリオに感染、歌を断念する。スプリングフィールドに移住した、ヘイデン家はここでもRed Foleyがホストを務めるTVショウに出演、チャールスはべース

プロフィール詳細へ

Charlie Hadenに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品