Charlie Haden

Charlie Haden (チャーリー・ヘイデン) プロフィール

Charlie Haden | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

 Charles (Edward) Hadenは1937年8月6日、彼自身が22ヶ月で“デビュー”することになる、ラジオ・ショウを持っていたC&Wのファミリー・バンドの家族としてアイオア洲、Shenandoahに生まれ。

 歌っていたチャールスは、15歳でポリオに感染、歌を断念する。
やがて、スプリングフィールドに移住したヘイデン家は、ここでもRed Foleyがホストを務めるTVショウに出演、チャールスはべースプレイヤーとしてデビューした。後年、感じるカントリー・ライクな音色と、決して都会的ではない暖かいぬくもりの演奏は、こうした家庭環境がもたらした。

1957年、LAへ移住したチャーリーは、ジャズを演奏し始め、Elmo Hope、Hampton Hawes、Art Pepperといった連中と共演する。

そして、運命的な出会いとなるPaul Bleyと「Hillcrest Club」のハウス・バンドのメンバーとして契約する。

ある晩、もう一つの運命的な出会いとなるOrnett ColemanをGerry Mulliganのバンドのメンバーとして聴く。オーネットは程なく、マリガンのバンドを去るが、やがてヘイデンはブレイ=コールマンにDon Cherryを加えたカルテットでHilcrest Clubに出演、親交を深めていく。

1959年、ヘイデンはオーネットとともにNYにのぼり、ドラマーにBilly Higginsを加えたバンドで「Five Spot」デビューを飾った。

その後のヘイデンの活躍はジャズファンの知るところだが、Dennny Zeitlin Archie Shepp Roswell Rudd 自己のLiberation Orchestra、で活躍する。

1976年には、Don Cherry Dewy Redman Ed Blackwellとのバンド、Old and New Dreamsに参加、80年代はCAL ARTSで教職に付いた。

さらに90年代にはいると、ビバップを甦らせたバンド、Quartet Westを、Ernie Watts、Alan Broadbent、Larance Marbleto(当初Billy Higgins)と結成している。その間、カナダ「モントリオール・ジャズ・フェスティヴァル」におけるライヴ演奏を収録した「Montreal Tapes」シリーズを発表。Geri Allen,Gonzalo Rubalcaba、Paul Bley、Don Cherry、そして、Egberto Gismontiを擁した音源に加えてLMO(Liberation Music Orchestra)の演奏も発表する。

 さらに2002年発表されたMichael Brecker、Brad Mehldauを擁した作品は、ヘイデンの世界がさらにスペイシーな広がりを増しつつあることを認識させた。

そして、2003年発表された、亡きJoe Hendersonをフィーチャーした1989年の録音は、Al Fosterとのトリオでヘンダーソン畢生のテナー演奏を収録した作品となった。

ヘイデンの活動は多岐に渡りつつも、家庭環境がもたらした、優雅なC&Wライクな音色とフレーズで人気は高い。現代ジャズベースにおける数少ない重い音を持った巨匠といえるだろう。

%%message%%