Charlie Haden / Jan Garbarek / Egberto Gismonti

人物・団体ページへ

CD

Magico Carta De Amor

Charlie Haden / Jan Garbarek / Egberto Gismonti (チャーリーヘイデン ヤンガルバレク エグベルトジスモンチ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCE1134
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

長らく未発表になっていた、ミュンヘンのアメリカ・ハウスで1981年4月に録音されたライヴ音源。

1970〜80年代にかけて、ECM主催のライヴ・コンサートがアメリカ・ハウスを拠点に盛んに行われ、その模様が録音されているが、これまでに作品として発表されたものは数えるほどしかない。本作はそんな貴重な音源の一つである。合計約108分、2枚組のヴォリューム。ノルウェー人サックス奏者ヤン・ガルバレク、ブラジル人ギタリスト/ピアニスト、エグベルト・ジスモンチ、そしてアメリカ人ベース奏者チャーリー・ヘイデンという、ECMならではのインターナショナルなコラボレーション。

このライヴは、1979年にヘイデンのリーダー作としてこのトリオで録音した2枚のアルバム『Magico』と『Folk Songs』に続く2年に渡るツアーの終盤に録音されたもので、鉄壁なまでに磨き上げられたトリオ・アンサンブルが聴きごたえ満点。ガルバレク自身が「あの時のプレイを30年ぶりに聴けるなんて、まるでタイム・カプセルを開けるような興奮を覚えたよ」と語る。またヘイデン作曲による「All That Is Beautiful」が音源化されるのは本作が初である。(新譜案内より)

Jan Garbarek (ts,ss)
Egberto Gismonti(g,p)
Charlie Haden(double-b)

Recorded in concert on April 1981 at Amerikahaus, München
Producer : Manfred Eicher
Rec. Engineer Mix : Martin Wieland,J.E. Kongshaug & Manfred Eicher

内容詳細

ジャズが“ジャズ”から出て拡がりを見せつつあった時代にECM初期の一つのイメージを確立した“Magico”が残した“時代の遺産”。ジスモンチのピアノ、ギターの透明感あふれる音、空間を拡張するガルバレク、底流でありながら全体の方向を示すヘイデンと、ハイ・レベルな三人が溶け合う。(瀧)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. カルタ・デ・アモール
  • 02. ラ・パシオナリア
  • 03. 盲人アデラルド
  • 04. フォーク・ソング
  • 05. ドン・キホーテ
  • 06. スポール

ディスク   2

  • 01. ブランキーニョ
  • 02. オール・ザット・イズ・ビューティフル
  • 03. パリャーソ
  • 04. トゥー・フォーク・ソングズ
  • 05. カルタ・デ・アモール (別ヴァージョン)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品