Celibidache *cl* レビュー一覧

Celibidache *cl* | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

  • トップページ
  • プロフィール
  • 商品
  • トピックス
  • 動画
  • ユーザーレビュー

商品ユーザーレビュー

3件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 作曲家・指揮者としてのチェリビダッケの真価を遺憾な...

    投稿日:2009/06/13

    作曲家・指揮者としてのチェリビダッケの真価を遺憾なく堪能できる掛け替えのないチェリビダッケ音楽の傑作である。シューマンの子どもの情景とサンサーンスの動物の謝肉祭を連想させるような、大自然の中にのびのびと子どもが駆け回り動物と共に戯れているような生き生きとした情景が色彩感豊かに描かれている。また、ブルックナーの交響曲を連想させるような、こころの深奥と音楽の真実に通じるような深遠な世界も表現されている。終曲となる13曲目の「これでおしまい」は、始まりの1曲目のダカーポになっている。商業主義を戒め、指揮者としての生業を営んでいく上でやむを得なかった放送用の録音と、(CD化のためではない)オーケストラの公演記録としての録音は必要最低限度において認めつつも、音楽という真実を伝えたいがためにCD化という方法を一貫して避け続けたチェリビダッケらしく(ドキュメンタリー映画監督のご子息による説得で、LD化は晩年におこなっているものの)、生前にCDとして世に出したものは、このCDのみであった。しかもオーケストラと共に版権と謝礼を辞して売り上げはすべてユニセフのものとしている。

    イリビタッテ さん

    0
  • 『音楽の本質は、音―人間の関係に、時間的な響きの構...

    投稿日:2009/06/09

    『音楽の本質は、音―人間の関係に、時間的な響きの構造(副次現象ないし発振現象)と人間的な心の構造の合致するところにある。』『音楽は美しいのではなく真実なのです・・・私が聞いた最高の讃辞は、・・・「まさにその通りでした!」それだけ。これ以上の讃辞は聞いたことがありません。』といった、チェリビダッケ本人の発言が忠実に再現された講義と質疑応答のすべての内容が貴重な写真と共に明らかにされる、チェリビダッケの音楽思想を(一面的にではあるが)理解する上で重要な手がかりとなる講義録である。

    イリビタッテ さん

    0
  • 昔この指揮者の唯一のステレオ正規盤として話題になっ...

    投稿日:2006/03/21

    昔この指揮者の唯一のステレオ正規盤として話題になった一枚。「録音の拒否」が哲学の筈のこの人が、「ユニセフの募金活動」という音楽的には何ら重要でない理由だけで、簡単に宗旨替えしてしまった不思議な録音。この人の「録音嫌い」は深遠な思想に基づくものなどではなく、この程度のものだったのかと、当時非常に失望した事を思い出す(そもそも録音を拒否する人が放送オケに身を置く事自体大矛盾だが)。作品としても、有名指揮者のものでなければ、まず世に出なかっただろうというレベル。あくまでもマニア向けの一枚。

    にゃおにゃお金 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%