CD 輸入盤

Classics With A Chaser

Caterina Valente (カテリーナ ヴァレンテ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BMCD832
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

「歌う通訳」というあだ名で50〜60年代のボーカル・シーンを席巻したカテリーナ・バレンテ。ザ・ピーナッツが歌った「情熱の花」は、彼女のカバーでした。また50年代半ばにはチェット・ベイカーと共演、ジャズ・シンガーとしても卓越した実力を発揮しています。このアルバムはクラシックのメロディを用いたポピュラー・ソングを集めた1枚で、アレンジと指揮はイージー・リスニング界の重鎮、ウェルナー・ミューラーが担当。豪華なオーケストラに乗って、スケールの大きなカテリーナの歌声が響き渡ります。バーサタイル(万能)と呼ばれ、世界中のファンをとりこにした彼女ならではの、素敵なポップスとクラシックの融合が楽しめます。 (jazzyellより)

Caterina Valente(vo), Werner Muller and his Orchestra. Source: RCA LPM-2119

収録曲   

  • 01. Theme From Tchaikovsky's Piano Concerto No. 1 In B-Flat Minor, Op. 23
  • 02. Tonight We Love
  • 03. Reverie
  • 04. My Reverie
  • 05. Theme From Rachmaninoff's Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18
  • 06. Full Moon And Empty Arms
  • 07. Polonaise No. 6 In A-Flat, Op. 53
  • 08. Till The End Of Time
  • 09. Theme From Polovetzian Dances
  • 10. Stranger In Paradise
  • 11. Tchaikovsky's Melody, No. 3, Op. 42
  • 12. The Things I Love

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
発売日前に届きました。 奇数ナンバーはウ...

投稿日:2012/06/09 (土)

発売日前に届きました。 奇数ナンバーはウエルナー・ミュラーのオーケストラで演奏、偶数ナンバーは同じ曲をカテリーナ・ヴァレンテが歌っています。 両方とも割とアレンジがまともなので、情熱の花のようなインパクトを期待するとちょっと肩透かしかな・・・ 12曲でLP1枚分ですが、更にボーナストラックとして12曲入っています。 こちらはラテンナンバーなどをヴァレンテが歌っているのですが、当時、より洗練された(?)演奏で聞いていた者にとっては一押しとするわけにはいかないと思います。 Living Streo の 24Bit Digitary Remastered なので音はよいです。 また、CD 収納がシンプルなので扱いやすかったです。

manmansaru さん | 神奈川県 | 不明

1

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品