CD 輸入盤

Rojo

Carlos Aguirre Grupo (カルロス アギーレ グルーポ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SHCD017
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
South America
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

カルロス・アギーレ・グルーポのセカンド、通称赤盤、2004年作。C.アギーレが詩曲作に vo, p, g を担当。在住するエントレ・リオス州のルーツでもある、川沿いの瑞々しく流麗なフォルクローレが現代音楽やジャズの要素も取り入れながら全編に渡って美しく響く。他のアルバムより弦ものの比重が多めか。1st に引き続き種子の入ったCDケース、そして幾重にも折り重なった覗き窓の中には月と太陽が透明水彩であしらわれ、と手の込んだアートワークに、そしてナチュラルな響きを持った美しい歌曲の数々に感嘆。

収録曲   

  • 01. La Musica Y La Palabra
  • 02. Estampa De Rio Crecido
  • 03. En La Via
  • 04. Un Pueblo De Paso
  • 05. Sueno De Arena
  • 06. Clara
  • 07. Confesion Del Viento
  • 08. Atajo
  • 09. Mar Adentro
  • 10. Hace Tiempo
  • 11. Zamba Por Vos
  • 12. Vidala Que Ronda

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
届いたCDからは、手作りの温もりが。思えば...

投稿日:2010/04/23 (金)

届いたCDからは、手作りの温もりが。思えば、この時からすでに心は潤ってたのかも。優しいギターと凛としたピアノ、寄り添うような歌声、圧倒的な美の音の群れ、こんな敬虔で浄化力のある音楽は、何だか久しぶりです。 たとえばM11からは、穏やかに晴れた日曜日…アルゼンチンのとある小さな村…教会の戸を細く開けると、牧師さんが村人たちにささやかに詠う賛美歌…皆に幸いあれ…そんな祈りの響きが、日本の私にも伝わりました。歌詞はよく分からないけど、何もかも超越した、まったく新しい宗教音楽、というと大げさでしょうか。 Carlos Aguirreの曲はどれも美しいけど、1枚のCDを通しで聴くと、まるで経典のようです。

tippy さん | 不明 | 不明

4

ラテン に関連する商品情報

おすすめの商品