Carla Bley / Andy Sheppard / Steve Swallow

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Trios

Carla Bley / Andy Sheppard / Steve Swallow (カーラ・ブレイ/アンディ・シェパード/スティーブ・スワロー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3724551
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ecm
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

カーラ・ブレイECM新作はトリオ作。アイヒャー・プロデュース。

コンポーザー、ピアニスト、そしてミュージシャンの活動支援家としてシーンに確固たる地位を築いたカーラ・ブレイがECMからついにリーダー作を発表。長年の付き合いである2人=アンディ・シェパード(sax)、スティーヴ・スワロー(bass)とのトリオ作品。ECMオーナーのマンフレート・アイヒャーにプロデュースを一任し、アイヒャーのディレクションによる選曲とサウンド・プロダクションによる新たなブレイ・ワールドがここに開花した。スカンジナヴィア・フォークの色合いが濃い#1、1963年にカーラが最初の夫=ポール・ブレイのために書いた曲である#2、1996年のグルノーブル・ジャズ・フェスティヴァルにて同じトリオで発表した#3、シンセを導入したブレイとしては斬新なアレンジで始まる初出の組曲#4、1986年にセクステット用に書かれた曲のトリオ・アレンジである#5と、新しい試みが随所に聴かれる新鮮な内容に仕上がっている。

Carla Bley (p)
Andy Sheppard (ts,ss)
Steve Swallow (b)
Producer : Manfred Eicher / Recorded April 27-29, 2012 at Auditorio Radiotelevisione svizzera, Lugano
Rec. Engineer : Stefano Amerio / All compositions by Carla Bley

収録曲   

  • 01. Utviklingssang
  • 02. Vashkar
  • 03. Les Trois Lagons (d'Apres Henri Matisse)
  • 04. Wildlife
  • 05. The Girl Who Cried Champagne

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Piano Trioといっても、 Carla Bley(piano)...

投稿日:2014/01/25 (土)

Piano Trioといっても、 Carla Bley(piano)、Andy Sheppard(saxophones)、Steve Swallow(bass )というECMらしい編成の「Trios」。しっとりとしたメロディに導かれて、静かに始まる1曲目から引き込まれます。曲は全てCarla Bleyのオリジナル。5曲中、3曲が三部構成となっており、曲調の変化も楽しめる構成となっています。全体に、pianoよりもsaxが強調されている感じで、 Carlaの原曲の良さがふくよかなsaxにより際立っていると思います。また、Steve SwallowはContrabassでなく、electric bass(5弦)を弾いているので、3曲目の4ビートや5曲目のサンバ風のパートでは、bassという楽器の重さより、心地よい軽みのような感覚が味わえます。夜更けまで語り合うことができる、成熟した男女に似合うような、大人による大人のためのアルバムだと思います。ご存じの通り、 Carla Bleyは、Paul Bleyの奥様だったのですが、旦那さんの友人でありベーシストのGary Peacockと深い関係に陥りまして、また旦那の方は、 Garyの奥様Annette Peacockと同じような関係に。そして、現在のCarlaのパートナーはPaul とも共演歴が長い、このアルバムのベーシストSteve Swallowです。恋の強者たちだからこその作品かもしれません。

hiro さん | 愛知県 | 不明

0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド