CD

Versus

Carl Craig (カールクレイグ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRC546
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
1ボーナストラック

商品説明

デトロイトの大帝カール・クレイグ最新アルバムはフランチェスコ・トリスターノとレ・シクエル・オーケストラを従えたあの伝説的プロジェクトを遂にスタジオ盤化


デトロイト・テクノ/エレクトロ・ミュージック・シーンのトップに君臨するカール・クレイグが2008年にフランソワ=グザヴィエ・ロトが指揮するレ・シクエル・オーケストラとともに自らのクラシックを再構築し、さらにライヒ、マントヴァーニのカバーを披露して伝説となった“ヴァーサス・プロジェクト”が遂にスタジオ盤化!これまでにもインナーゾーン・オーケストラ、デトロイト・エクスペリメント、アーバン・トライブなど様々なプロジェクトで多様な音楽性を追求してきたカール・クレイグがモダン・クラシックと自らの作品の融合に挑戦。本作をレコーディングするにあたって、フランソワ=グザヴィエ・ロト、レ・シクエル・オーケストラに加え、テクノとクラシックを往来する稀有な才能フランチェスコ・トリスターノ、そして旧友であるモーリッツ・フォン・オズワルドを召喚。「Desire」、「Dominas」、「At Les」、「Technology」、「Darkness」、「Sandstorms」といった往年の名曲たちに加え、トリスターノのオリジナル楽曲も採用された全14曲を収録。名盤『More Songs About Foodand Revolutionary Art』から20年、カール・クレイグのディスコグラフィはもちろん、エレクトロニック・ミュージック史に燦然と輝くであろう作品がここに完成した。
(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

デトロイト・テクノの大御所が、フランスの指揮者率いる交響楽団やクラシックの最先端を行くフランチェスコ・トリスターノと共演したアルバム。テクノやエレクトロニカとクラシックの融合がなされた瞑想的なサウンドが特徴で、ジェフ・ミルズのアルバムとも共振する内容となっている。(有)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Enter the Darkness
  • 02. Darkness
  • 03. Coding Sequence
  • 04. Sandstorms
  • 05. At Les
  • 06. You’re Our Best and Only Friend
  • 07. Desire
  • 08. Barceloneta Trist
  • 09. The Melody
  • 10. Domina
  • 11. Error In Replication
  • 12. C-Beams Glitter
  • 13. Technology
  • 14. Coding Cycle
  • 15. Technology (Acoustic version) *Bonus Track for Japan

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Carl Craigに関連するトピックス

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品