CD

Saw Delight

Can (カン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
PCD22210
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ, リマスター
追加情報
:
日本オリジナル紙ジャケット仕様
デジタル・リマスター
12Pカラーブックレット付

商品説明

トラフィックのロスコ・ジー(ベース)とリーボップ・クワク・バー(パーカッション)を新メンバーとして迎えた77年発表作。リーボップのパーカッションとヤキのドラムの絡むその様が、広大なサバンナを吹き抜ける風を彷彿とさせる「Animal Waves」を筆頭に、アフロ・ビート色の強い作風。

内容詳細

1977年のアルバム。リーボップ・クワク・バーとトラフィックのロスコー・ジーを新メンバーに迎え、アフロ・パーカッションとドラムスの壮大な絡みなども披露して清々しさを感じさせる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
かつてカンのユーザーから支持されていない...

投稿日:2017/05/21 (日)

かつてカンのユーザーから支持されていない筆頭作だったですが、現在はどうなんでしょうか。レーベルをヴァージンに移籍したものの、グループ内の異分子だったダモ鈴木を失ってしまい、カンは音楽の熟度を上げていくことを考えます。トラフィックを自由契約になったロスコ・ジー、リーボップが躍動するビートをもたらしたのに加え、もともと凄いドラマーだったヤキ・リーベツァイトとのリズムは空前絶後。80年代のトーキング・ヘッズは、このアルバムの模倣だと言いたいぐらいです。 4.Animal Waves は15分の長尺曲ながらすさまじいエネルギーで走り切ります。トラフィックの末期も長い演奏でしたが、リズム二人のパッションをウインウッドは使いこなしていたとは言えません。(実は、二人は別々の時期の加入でしたが。)巧みなリズムに、イルミン・シュミットのサイケ感覚、ホルガー・ツーカイの奇妙なエレクトニクスが結合し摩訶不思議な世界になっています。一聴して聴きやすいことが、かつての不評の要因だったわけなんですが。ミハエル・カローリが、リゾート感覚溢れるカッティングを弾いているのもどこかおかしいです。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
★
完成度高し 後期ならこれから買え

投稿日:2007/10/17 (水)

完成度高し 後期ならこれから買え

モグワイ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ロスコー加入で少し熱気を取り戻した気も。...

投稿日:2007/06/18 (月)

ロスコー加入で少し熱気を取り戻した気も。4曲目が面白いです。

あっちゃんず さん | デュッセルドルフ | 不明

0

Canに関連するトピックス

おすすめの商品