コスメ

CLIO クリオ キルカバー グロウクッション 04 ジンジャー

CLIO(クリオ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4573198752465
メーカー
:
カテゴリ
:
ファンデーション

商品説明

キルカバーのカバー力に自然なツヤを加えて、肌から輝くような元気なお肌を演出してくれるクッションファンデーションです。

《規格》
15g

《成分》
チャ葉水、酸化チタン、シクロペンタシロキサン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、ジ安息香酸PG、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、サリチル酸エチルヘキシル、エタノール、シクロヘキサシロキサン、セチルPEG/PPG−10/1ジメチコン、オクトクリレン、酸化亜鉛、グリセリン、ナイアシンアミド、ラウリルPEG−10トリス(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチコン、エチルヘキサン酸セチル、ヘキサ脂肪酸(C5−9)ジペンタエリスリチルエステルズ、カプリリルメチコン、クオタニウム−18ベントナイト、塩化Na、1,2−ヘキサンジオール、(VP/ヘキサデセン)コポリマー、(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、パルミチン酸、ポリプロピルシルセスキオキサン、水酸化Al、ステアリン酸、トリエトキシカプリリルシラン、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、香料、アデノシン、ミリスチン酸、トコフェロール、加水分解ヒアルロン酸、ヒマワリ種子油、アメジスト末、トルマリン、ネフライト末、パール、ルビー末、サンゴ末、シロバナルーピン種子エキス、コハク、酸化鉄

《使用方法》
適量を付属の専用パフでとり、顔全体に軽く叩き込むように付けてください。気になる部分には軽く重ね付けをおすすめします。

<注意事項>
※ご使用のパソコン、スマートフォンのモニター環境により、カラーが実物と若干異なる場合がありますので、ご了承ください。
※お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。
※傷、はれもの、しっしん、かぶれ、ただれなどの症状があるときにはお使いにならないでください。
※高温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないで下さい。
※乳幼児の手の届かないところに保管して下さい。
※成分表記は、商品の改良や表示方法などの変更により、実際の成分と一部異なる場合があります。
※商品パッケージに記載の注意事項をご確認の上ご使用ください。
※商品画像はイメージです。実際のものとは若干異なる場合がございます。
※受付・販売スケジュール等は余儀なく変更する場合がございます。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
クッションといえばツヤツヤで崩れやすいイ...

投稿日:2022/01/29 (土)

クッションといえばツヤツヤで崩れやすいイメージがあったのですが、意外にも1日持ちました。 上からNARSのリフレクティングパウダーをしていますが、マスクにつくこともほとんどないです。崩れる時もドロドロになるというよりは薄くなって消えていく感じがしたので、そんなに気になりませんでした。

ちゃあこ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
普段は、『CLIOキルカバーファンウェアクッ...

投稿日:2022/01/26 (水)

普段は、『CLIOキルカバーファンウェアクッションXP 03 リネン』と『CLIOキルカバーファンウェアクッションXP 04ジンジャー』を使用しています。当欄『CLIO クリオ キルカバーグロウクッション』はケースが可愛らしいので購入しました。ファンデの色も、同じ03リネンと04ジンジャーがあります。こちらのグロウクッションはファンウェアクッションXPと比較すると、薄付きだと思います。毛穴が気になったり、カバー力を重視する方は、ファンウェアクッションXPの方が良いです。反対に、厚塗り感がイヤな方は、こちらのグロウクッションが断然オススメです。軽さが違いますし、メイク落としもグロウクッションの方がはやく簡単です。しっかり毛穴等を隠したいのではなく、ナチュラルメイクがお好きな場合は、こちらのグロウクッションが、肌に負担少なく、お手軽です。どちらのファンデも、チークを入れ、血色や華やかさを加わるのがポイントだと思います。最後のティッシュオフもお忘れなく!

みゆき さん | 広島県 | 不明

0

関連するトピックス

コスメ に関連する商品情報

おすすめの商品