X 第9巻 あすかコミックス

CLAMP

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049246407
ISBN 10 : 4049246406
フォーマット
出版社
発行年月
1997年01月
日本
追加情報
:
18cm,172p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 皐月 さん

    神威が「天の龍」としての運命を選んだそのとき、もう一人の『神威』として覚醒した封真は、小鳥の命をためらいなく奪った。愛する者を失い、信頼していた者にも裏切られてしまった神威は、自らの心の中に閉じ篭ってしまう。昴流の手によって「封真」を取り戻すという願いの為に現実の世界に戻ってきた神威。昴流も昔、神威と同じ体験をしているから説得できたんだよね。戻ってからの神威のキャラが今までと違う。封真は小鳥の中にいた夢見の牙暁をみつける。北斗とも繋がりがある牙暁。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    残酷な現実から心へ逃げてしまった神威を説得する昴流の言葉に東京バビロンの結末を知っているだけに切ない(´;ω;`)そして北斗と縁のあった牙暁の北斗との思い出も泣ける・・・。

  • 魯波 さん

    再読、8巻に続き冒頭の小鳥の無残な描写が、かなり精神的に来る。小鳥の生首を抱えたまま、心を閉ざしてしまう傷心の神威のシーンは今読んでもここまで精神的に主人公を痛めつける作品も早々ない気がする。サルベージに向かう昴の、北斗ちゃんを失った時のシーンが出るのは嬉しい反面ショッキングな終わり方をした東京バビロンを思い出してしまった。

  • †JAN†(ソエル) さん

    《THE HERMIT》この巻は昴流の『戻っておいで』という台詞に尽きると思います。美青年&美少年は絵になりますね。

  • 扉のこちら側 さん

    1998年に初読。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

CLAMP

大川七瀬(ストーリー担当)、いがらし寒月、猫井椿、もこなの4人からなる女性漫画家集団、CLAMPは同人グループとして活動を始め、1989年『聖伝-RG VEDA-』で商業誌デビューを果たす。

プロフィール詳細へ

CLAMPに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品