X 第15巻 あすかコミックス

CLAMP

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049248258
ISBN 10 : 4049248255
フォーマット
出版社
発行年月
2000年08月
日本
追加情報
:
18cm,173p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 皐月 さん

    地の龍の夢見・牙暁の夢に突如として現れた皇北斗。犬鬼を失い傷ついた天の龍・譲刃は、想い人である草薙の介抱を受け、再び戦う決意を取り戻す。譲刃の「誰も死なせたくない」と言う強い思いから生まれた新しい犬鬼。チビ犬鬼可愛いなぁ。ダークサイドへ堕ちてしまった丁姫が嘘の夢見を天の龍の昴流に助言し、ついに星史郎と昴流との宿命の対決が始まる。丁姫の異変に気づいてるのは子犬の犬鬼だけ。やっぱり動物の本能だけは騙せないな。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    譲刃の「誰も死なせたくない」という強い思いから生まれた犬鬼。そんな彼女らにとって「生きる」という意味を体現した譲刃達を見て笑顔を見せる封真にやっぱり、彼は人を条件付きだけど愛しているのだと思わずにはいられない。後、五月へのビーストの片想いと遊人へ嫉妬を覚えた場面が不穏。そして東京バビロンでも仄めかされていた北都ちゃんの「デート」の意味を知る巻末は、牙暁の絶望と「当たり前」ならば否定された、北都の死後も彼女を想うことを肯定した封真の言葉と相俟って、切なくならずにいられない。

  • 魯波 さん

    再読、譲刃ちゃんの活躍が嬉しい回、男目線から見ても本当にエエ子や・・・と思う。子犬になった犬鬼との再会はチョッとウルっと来た。そして、別人格の丁の策略により、星史郎と昴流との宿命の対決が始まる、と言う所で終るのは、相変わらずファン泣かせだと思う。巻末は、牙暁と北都ちゃんのお話、これも色んな意味でファン泣かせの話だと思う。

  • ちーちゃん さん

    なんか犬鬼はわかってるみたいだね。だいたい こういう漫画では動物って鋭いよね。

  • 鏡牙-Kyouga- さん

    仲間だと思っていた丁が天の龍を殺し始める。己の心に蝕まれ身体を乗っ取られてしまったが、どちらの丁が見た未来も結局は間違った夢見になるのではないだろうか。未来を変えられるのは神威しかいないのだから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

CLAMP

大川七瀬(ストーリー担当)、いがらし寒月、猫井椿、もこなの4人からなる女性漫画家集団、CLAMPは同人グループとして活動を始め、1989年『聖伝-RG VEDA-』で商業誌デビューを果たす。

プロフィール詳細へ

CLAMPに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品