X 第1巻

CLAMP

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049243062
ISBN 10 : 4049243067
フォーマット
出版社
発行年月
1992年08月
日本
追加情報
:
18cm,188p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 皐月 さん

    司狼神威。地球の行く末の鍵を握る男…。母の遺言により、6年振りに東京へ帰ってきた神威は、幼なじみの封真と小鳥の前と再会。そんな二人を遠ざけようとする神威。この頃の神威は他人を寄せ付けないツンツンした性格をしているけど、ある出来事がきっかけで次第に態度が軟化していく。絵はすごく綺麗で、アクション満載。世紀末の日本を舞台にした話で、とっくに1999年は過ぎ去ってるという。阪神大震災、同時多発テロが影響して無期限休載になったとか。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    再読。実家所蔵本。まだまだ、ご近所さんとの交流や学校生活などの平和な日常が描かれているだけに、この後の展開が辛い・・・。そして世紀末の地震による惨状や小鳥ちゃんの夢や桃生兄妹の母の死などが現実にも重なってくる、陰惨な描写が続く。そして丁の「一度、出た予言は絶対で、回避することは不可能」という事実が絶望を更に募らせる。それでも読者を引き込む力はCLAMP世界に通じる「信じれば、叶う」という祈りにも似た意志を信じたいから。

  • レインボーパール さん

    ほほうこれがカーとキャプターさくらを描いた人のほかの作品かと思い読んだら思った以上にシリアス

  • 蜜葉 さん

    6年ぶりに東京に帰ってきた神威。それは何のために?まだよくわからないけど、派閥がありそう………。Xは来たるXデーからとっているのかな?

  • キタミナミ さん

    絵が最近のとずいぶん違って驚いた〜 初期のころから作品が一貫してるなー

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

CLAMP

大川七瀬(ストーリー担当)、いがらし寒月、猫井椿、もこなの4人からなる女性漫画家集団、CLAMPは同人グループとして活動を始め、1989年『聖伝-RG VEDA-』で商業誌デビューを果たす。

プロフィール詳細へ

CLAMPに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品