誇り高き日本人でいたい

C.W. ニコル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861190308
ISBN 10 : 4861190304
フォーマット
出版社
発行年月
2004年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,226p

内容詳細

あの誇り高き日本人はどこへ行ってしまったのか。40年近く日本と日本人を見つめてきた著者の中にある日本人像、素晴らしき交遊、そして今の日本人への愛するが故の苦言や直言を熱く語った初めての日本人論。

【著者紹介】
C・W・ニコル : 1940年英国の南ウェールズ生まれ。17歳でカナダに渡り北極地域の野生生物調査を行って以降、カナダ政府の漁業調査委員会技官、環境保護局緊急係官として十数回にわたって北極地域を調査。62年、空手修業のために初来日。80年に長野県の黒姫に居を構える。95年、日本国籍を取得。作家として活躍する一方、テレビ出演や講演などを通じて環境問題に積極的に発言しつづけてきた。2002年5月、「財団法人C・W・ニコル・アファンの森財団」を設立し、理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • NOBU さん

    言うまでもない、ケルト系日本人のニコル氏。その作品を読んだことはありません。すみません。氏のであった素晴らしい日本人達の思い出と、日本を愛するが故に提示される苦言。子孫に残したい日本とはどの様な姿なのか考えさせられる。 生まれながらにして日本人である事に甘えて、自分の国について考える事が無かった。

  • miri さん

    森を介して、人と自然との関わり方と繋がりが物凄い。

  • ROBIN さん

    なんでこの人外国人やのに、(いや失礼、ケルト系日本人ですね)こんなに日本の美しさがわかるんだろ。生い立ちや、格闘技の達人であること、冒険好き、林業ー漁業のマスターであることなど、大和民族を誇りに思う男にはとてもわくわくする一冊でした。

  • 桐一葉 さん

    もう少し日本のことを知って、誇りをもつのも悪くない

  • FRANGO さん

    実家の本棚にあったのを4日に分けて読んだ。彼の生き方には一貫性がある。日本を選んでくれる人がいるなら、まだまだ日本は捨てたもんじゃない。自分も、どうすれば誇り高き日本人になれるか、海外に行く度に思う。今後の人生の課題だ。長野県黒姫在住、一度は行ってみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品