特務艦隊

C.W. ニコル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163240008
ISBN 10 : 4163240004
フォーマット
出版社
発行年月
2005年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,412p

内容詳細

今もマルタ島に建つ慰霊碑。それは友軍ために戦い、地中海に散った日本海軍軍人を祀る。第1次大戦終盤。跳梁するUボートから連合軍の補給船を守るべく、地中海に派遣された日本海軍の誇り高き姿を勇壮に描く長篇。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • James Hayashi さん

    時は1917年、第一次世界大戦中の地中海はドイツの潜水艦の活躍により「Uボートの池」と呼ばれた。英国と連合国の輸送船防御の為、日英同盟に従い、第二特務艦隊が編成、8艦がマルタ島に派遣された。海上での見えぬ敵の攻撃と陸上でのドイツ側スパイを暗殺するなど、シリーズ前作が嘘のような緊迫感ある内容が続く。第一次世界大戦の事もほとんど知らないが、この特務艦隊が派遣され、犠牲者の慰霊碑がマルタにある事も知らなかった。 三郎の父の物語りの「勇魚」は読んでいないが、読み応えのある大作。

  • 鐵太郎 さん

    歴史的背景とその解釈については、本当かな、と思えるところは後で裏を取る必要がありそう。日本の過去には、いろいろなことがありました。今の視点で見て、正しいと言えないことも多い。しかし日本人が過去に遠い世界に遠征し、赫々たる戦果を上げた。これは事実なのです。たとえその意図が純粋であろうとなかろうと。今の価値観では正しいとは言い切れない事も入っています。でもね、昔の人はこんな意志があったんだよ、こんな正義もあったんだよと言うことを、たとえ冒険小説の中だけでも伝えて行くべきじゃないか。そんな事を考えました。

  • siopop さん

    最近面白い本に当たっていなかったようで、本を読む速度がやたらと落ちていました。 少しページをめくるのですが、直ぐ脇に置いてしまったり。 それがこの本を読み出して、急に世界が変わりました。昨日は夜中までずっと読みふけり今朝は寝坊し・・・ 早く寝なくてはと思うのですが、どうしてももう少し、後少しと読みふけってしまいました、面白かった。この本で銛一三郎のお話が一段落してしまったのがとても残念でしょうがないです。続編はもうないのだろうか? もっと読みたい!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品