どろぼうの神さま

C.フンケ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784872901177
ISBN 10 : 4872901177
フォーマット
発行年月
2002年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,500p

内容詳細

ドイツでベストセラーになった冒険ファンタジー小説が日本初登場。少年怪盗“どろぼうの神様”と仲間たちの物語は一気に読めるおもしろさ。チューリッヒ児童文学賞、ウィーン児童文学賞受賞作。

【著者紹介】
コルネーリア・フンケ : 1958年、ドイツの西部、ウェストファーレン州にある町ドルステンに生まれる。ハンブルク大学で教育学を修め、卒業後、教育者としての仕事のかたわら専門大学に通い、本のイラストレーションを学ぶ。当初は子どもの本のイラストレーターとして出発。それがきっかけで28歳の時からは自分で文章も書くようになり、以来フリーのイラストレーター、作家として活躍している。ドイツでもっとも著名な児童文学作家の一人。ウィーン児童文学賞など、これまでに数多くの児童文学賞を受賞している。夫と2人の子どもとともに、ハンブルクに在住

細井直子 : 1970年横浜生まれ。慶応義塾大学ドイツ文学科大学院博士課程修了。ドイツ児童文学の研究のため、現在ドイツに留学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    童話とはいっても、結構大人も楽しめる物語になっています。かなり評価が高いそうですが私は今まで知りませんでした。この「お気に入りさん」の感想で知ることができました。やはりドイツの作家というのは、エンデにしてもそうですが、じっくり読ませるこのような長編がいいと感じています。これも主な場所はイタリアのヴェニスで(昔ちょっと長い間滞在したことがあるのですみずみまでわかります)、けっこうおもしろい街なので楽しめます。

  • 糸車 さん

    6月の子どもの本の読書会の課題本。スキピオのように早く大人になりたいと思ったことはない。逆に子どもに戻りたいと思ったこともない。子ども時代にだって辛いことがあったので同じ経験を繰り返したいと思わない。子どもを思うままにしようとする大人がいる一方できちんとルールを守る大切さを教え、子どもの気持ちを尊重してくれる大人もいる。成長する過程を捨て去り、一気に大人になってしまったスキピオが失ったものに気づくのはいつだろうか。そして狡い大人は子どもになってもやり直せないんだなあ。これは子ども時代に読んでおきたかった。

  • 紫 さん

    今読むと「そんなに急がなくてもいいんじゃない?もったいないよ」と思ってしまうけれど、これってやり直したいあれこれができてしまったからでしょうか。一読者である私はつい「きみはそれでいいの?」と問いかけたくなってしまうけれど、あのときスキピオにとっては駆け足で大人になるという選択肢以外はなかったのだと思う。たとえ後々「ゆっくり10代を謳歌しておけばよかった」と悔やむときが来たとしても。いつか原書で読みたい。

  • 斑入り山吹 さん

    再読。まずタイトル、表紙、これだけでそそられる。話は美しく切なく、リアルなようなファンタジーのような、危ういバランスがたまらない。フンケの最高傑作だ。と思うのは、この本で感動して翻訳されたフンケのほかの話をみな読んでみたけれど、ほかのは疲れたから。フンケ自身の描いた表紙や挿絵が嫌が応なしに夢心地に誘う。ひたひた水の来る寒いヴェネツィアの夢。

  • Te Quitor さん

    どろぼうの神さまと名乗る人物の正体は――。ヴェネチアの風景描写が秀逸で、ロマンティックな雰囲気がある。好きな系統の作品。後半でメリーゴーランドが登場すると雰囲気一変、ファンタジーに変化した。冒険ファンタジーは好きなのでその路線にシフトしていくのは構わない。構わないけれど、結末をみるとやりきれない気持ちになる。失ったモノの大きさ。失った事の意味を彼は理解していないのだな、と。やりきれない。チューリヒ児童文学賞、ウィーン児童文学賞を受賞した作品であり非常に評価が高い作品なので、興味のある方はどうぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品