バベルの犬

C.パークハースト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047914865
ISBN 10 : 404791486X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,287p

内容詳細

妻の事故死に納得できないポールは、唯一の目撃者である愛犬のローレライに真相を聞きだそうと考える。そして始まったローレライへの言語レッスンは、妻との日々をなぞる旅の始まりでもあった。

【著者紹介】
キャロリン・パークハースト : ウェスリアン大学卒業後、アメリカン大学創作文芸科で修士号を取得。雑誌や新聞に短編を寄稿し才能を認められ、本作が長編デビュー作となる。ワシントンD.C.に夫と子供と共に暮らす

小川高義 : 1956年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。横浜市立大学国際文化学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kimi さん

    突然、妻に死なれた夫が、唯一その場を目撃していただろう愛犬に言葉を教えて、 妻の死の真相を知ろうとするミステリー。 ミステリーと言われればミステリーなんだろうけど・・・それは期待して読まない方がいいと思う。 犬の可愛さに点数甘めで★★☆☆☆

  • Puppy さん

    木から落ちて亡くなったレクシー。妻の死の真相を知るために、夫ポールは唯一の目撃者である飼い犬のローレライに言葉を教え、聞き出そうとする。メインのストーリーはこれだけど、半分以上は妻が生きていた頃の話です。何度読んでも感動する(T_T)妻が何故死んでしまったのか、ローレライは話してくれるのか?ドキドキしながら読んでます♪

  • ゾンビ屋ろめろ さん

    学術ぶった与太話、犬とのやり取り、奥さんとの思い出と精神的な問題、すべてばらばらで一つの話にまとまってない。別に犬に喋らせなくても物語は進んでる。切り口をひとつに絞るなら、奥さんが自殺に至るまでの回想は面白かったから本棚の並びからそれを導き出す感じで良かったと思う。

  • .fa さん

    「ミステリーというよりラブストーリー」という後書きに納得。ストーリー自体より主人公の亡くなった妻の複雑な感情がおもしろい。

  • yugichan さん

    犬に言葉を話すように訓練するって今までにない展開でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品