ある夜、クラブで

C.ガイイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087734225
ISBN 10 : 4087734226
フォーマット
発行年月
2004年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,191p

内容詳細

我を忘れるひと時の甘美さと、その代償の重さとを深く味わえばいい。伝説の名ジャズピアニスト・シモンは、断念したはずの音楽に再びめぐり逢い、その上運命の女に出会う。人生を取り戻したい人のための恋愛小説。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tom さん

    青柳いずみこの「六本指のゴルトベルク」で紹介されている本。元ジャズピアニスト。自分のスタイルに自信が持てずに、ピアノを弾くことをやめてしまった男が主人公。それから10年も20年も過ぎて、今はボイラーの技術者をしている。ある日、仕事で地方に行く。仕事を終えてクラブに行くが、そこで演奏されていたのは、彼のスタイルのピアノだった。そして、過去の記憶がよみがえり、ピアノの前に座ってしまう。ここから始まるデュエットと恋愛(残酷)の物語。演奏風景がとてもよろしい音楽小説。こんな風に弾けたらと思ってしまう。

  • nranjen さん

    カヴァーといい、デビーといい、やられた。

  • しのまっと さん

    たまに、この小説でみた風景がでてくる。頭の中に。 どんな話だったか憶えてないけど。 この小説の風景か曖昧だし。

  • Mai さん

    美しいといったら美しいのかもしれない。 大人の恋愛小説と言ったらそうなのかもしれない。 が、あまりにも純粋で、そして残酷。

  • ありさと さん

    元ジャズ・ピアニストのシモンはたまたま立ち寄ったジャズ・クラブのオーナーで歌手のデビーと恋に落ちる。あらすじなんて書くと陳腐にしかならないのだがとにかくジャズの描写と偶然と心情と扱いが素晴らしくて、なん度でも読み返したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品