C・オットー・シャーマー

人物・団体ページへ

U理論 過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

C・オットー・シャーマー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862760432
ISBN 10 : 4862760430
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,605p

内容詳細

未来から現実を創造せよ。人・組織・社会の「在り方」を鋭く問う現代マネジメント最先鋭の「変革と学習の理論」、待望の邦訳。

目次 : 第1部 盲点に突き当たる(火事/ Uへの旅/ 学習と変化の四つの層/ 組織の複雑さ/ 社会の変容/ 哲学的見地/ 敷居)/ 第2部 Uの領域に入る(ダウンローディング(Downloading)/ 観る(Seeing)/ 感じ取る(Sensing) ほか)/ 第3部 プレゼンシング―革新的な変化をリードする社会テクノロジー(社会的な場の文法/ 個人の行動/ 会話の行動/ 組織の行動/ グローバルなアクション/ 飛びながら現実を創造する/ プレゼンシングの原則と実践)/ プレゼンシング実践の学校

【著者紹介】
C・オットー・シャーマー : マサチューセッツ工科大学上級講師、プレゼンシング・インスティチュート創設者。持続可能な世界をめざす部門横断的な活動体ELIAS(Emerging Leaders for Innovation Across Sectors)創設者、ヘルシンキ大学経営学部イノベーション・知識研究センター客員教授でもある。北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカのグローバル企業、国際機関、部門横断的な変革イニシアチブにコンサルティングを行ってきた

中土井僚 : オーセンティックワークス株式会社代表取締役。社団法人プレゼンシングインスティチュートコミュニティジャパン理事。株式会社野村総合研究所IDELEAチームパーソナルディレクター。「関係性から未来は生まれる」をテーマに、関係性危機を機会として集団内省を促し、組織の進化と事業転換を支援する事業を行っている。アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア株式会社)他2社を通じてビジネスプロセスリエンジニアリング、組織変革、人材開発領域におけるコンサルティング事業に携わり、2005年に独立

由佐美加子 : 米国大学卒業後、国際基督教大学修士課程を経て野村総合研究所入社。2000年にリクルートに転職。事業企画の仕事を経て人事部へ異動し、MIT上級講師ピーター・センゲによる「学習する組織」に出会う。以降、学習する組織の考え方に基づくさまざまな人材・組織開発施策を企業に導入。2005年に米国ケースウエスタンリザーブ経営大学院において、Positive Organizational Development修士課程を修了、最先端のリーダーシップ、組織開発理論と手法を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Mizhology さん

    禅の思想、その元になってるヨガなど東洋の叡智といわれるエッセンスを、西洋哲学や近代史、著者の経験を元に解説してくれた本。という印象です。約10年前に著者のいうUを降りきったプレゼンシングを体験したが、上手く説明できずあまり人には話せなかった。そんな心の中で起きた雪崩を言葉で、しかも書籍として著してくれた著者には感謝したい。しかし、分厚く、西洋人の名前が時代やジャンル入交り登場するのでさすがに頭が疲れた。著者の疲労感は達成感より小さかったと祈りたいです。スピ系の内容を社会学で説明してくれたのはありがたい。

  • リードフォーアクション さん

    @光より人を活気づかせるものが何か?教えてくれた(ゲーテ『緑の蛇と美しい百合姫のメルヒェン』より) Aヒトラーの秘書が洗脳された「反U理論」が解説されている B「混沌と秩序の境界線」に深く潜ると、クリエイティビティとガバナンスが同時に高まることを教えてくれた 【この本を読んだ人】 リーディング・ファシリテーター 榎本澄雄 https://www.read4action.com/facilitator/detail/?id=364

  • yooou さん

    お仕事で読書。科学的な体裁をとっているけれども、次々でてくるのは寄せ集められた事例ばかりでそれもこじつけてるようにしか思えない。どこが理論なのか。とどのつまりすべてスピリチュアルなものですまそうとしているところも稚拙すぎでした。ときおりおやと思うような慧眼の煌めきかん感じる部分もあり、磨けばもしかしてという部分があるにはあったけども。残念な仕上がりでした。

  • Yoko Katsuma さん

    これからの組織変容に対して大きな学びがあった本。分権化からネットワーク化、そして生態系への進化をし、対話型のCo-システムを創っていきたい。5つのCo-(Co-initiating、Co-sensing、Co-presencing、Co-creating、Co-evolving)共進化までの道のりを実装していくためのバイブルとして使っていきたい^^

  • テキィ さん

    ざっと流し読み。複雑な現実社会で、どうやって前向きな回答を得ていくのか、記しているような気がする。組織横断的な献身みたいなものが必要な気がした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品