CD 輸入盤

Younger Than Yesterday

Byrds (バーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4837082
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

ボブ・ディラン作M9の一節をからとられたタイトルを持つ本作は1967年発表。そのM9以外はメンバーのオリジナル曲、前作で新たな試みを見せたバーズの意気が伝わってくる。名曲M1はオーディエンスの歓声のSEも使用されたドライヴィン・チューン。R&Rスターとしての生活・振る舞いなどが皮肉っぽく歌われる。ビート・バンドっぽいフィーリングを持つM2は隠れた名曲。もうひと工夫欲しいところだが、メロディのヒネリ具合はカッコイイ。デヴィッド・クロスビー的なM6、8はスピリチュアルなダウナーさが漂うサイケっぽいナンバー。次作の雰囲気にも通じる曲だ。M5、11はカントリー風のロックで、バーズの準メンバーとなるクラレンス・ホワイトがストリング・ベンダー付きギターで参加。

収録曲   

  • 01. So You Want to Be a Rock 'N' Roll Star (Mono Version)
  • 02. Have You Seen Her Face (Mono Version)
  • 03. C.T.A. - 102 (Mono Version)
  • 04. Renaissance Fair (Mono Version)
  • 05. Time Between (Mono Version)
  • 06. Everybody's Been Burned (Mono Version)
  • 07. Thoughts and Words (Mono Version)
  • 08. Mind Gardens (Mono Version)
  • 09. My Back Pages (Mono Version)
  • 10. The Girl with No Name (Mono Version)
  • 11. Why (Mono Version)
  • 12. It Happens Each Day
  • 13. Don't Make Waves
  • 14. My Back Pages
  • 15. Mind Gardens
  • 16. Lady Friend
  • 17. Old John Robertson
  • 18. Mind Gardens

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「ロックを語れば必ずビートルズに至る。」...

投稿日:2004/01/18 (日)

「ロックを語れば必ずビートルズに至る。」という‘桶屋が儲かる’みたいな話しをするなら、80s以降の英国ネオアコを語れば全てここに来る訳です。いや、これはそれ以上です。

NgY さん | TOKYO | 不明

0
★
★
★
★
★
FOはすげぇ。たまげた。HMVレビューで...

投稿日:2002/07/03 (水)

FOはすげぇ。たまげた。HMVレビューでなぜ言及されていないのか不思議だ。曲の美しさは言わずもがな、ほのかに漂う哀愁がね、たまらなくよいのだよ。

音楽は隙よ さん | 東京 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Byrds

ボブ・ディランの“ミスター・タンブリン・マン”をエレクトリック化させ、フォーク・ロック時代の扉を開いたザ・バーズ。彼らはその豊かなハーモニーとロジャー・マッギンの弾く12弦ギターの美しい音色が特徴的な独特のサウンドで60年代半ば頃に人気を博した。

プロフィール詳細へ

Byrdsに関連するトピックス

おすすめの商品