SACD 輸入盤

Notorious Byrd Brothers

Byrds (バーズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2015
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


1968年発表の本作はアルバム単位での初期バーズの名作として知られる『名うてのバード兄弟』。次作『ロデオの恋人』で完全にグラム・パーソンズ流一色のカントリー・ロックに変貌する前の作品ということで、いわゆる”純ロック時代“最後の作品でもある。ブラス・セクションの入ったM1の曲調は今までのバーズには無かったもの。ゴフィン=キング作M2がポップ過ぎるというのが原因でデヴィッド・クロスビーが脱退、というエピソードは有名。幻想的なM4はミレニウムやサジタリアスの好きなソフト・ロック・ファンにオススメ! シティでキャロル・キングがセルフ・カヴァーしたM5はカントリー調だが、後半サイケなジェット・マシーン・サウンドが唸る名曲! M7はソフトなハーモニー+カントリーでこれもイイ曲。アップ・テンポM8と次曲のブリッジで聴かれる扉を閉めるSEはザ・スミスもマネしてた。注目すべきM9はデイヴ・ブルーベックの「テイク・ファイヴ」「タイム・アウト」直系のリズムを持ったシブイ曲で、以降のポップ界でよく見られるアレンジとなる。M10はイルカの泣き声や水泡のサウンドが気持ちイイ曲。スタンリー・キューブリック作品に影響を受けたM11、とやはり全体を通してトータルな味わいのある名作だ。


This new Mobile Fidelity reissue features the original 1968 Analog mono mixes

TRACKS 1 - 11 MONO
TRACKS 12 - 17 STEREO

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
所謂彼らの68式。コンセプト・アルバムです...

投稿日:2004/10/20 (水)

所謂彼らの68式。コンセプト・アルバムです。名作と誉高い作品。メンバーは3人になってしまったものの、全作品中一番広がりのある作品。凄く落ち着く。良い作品ですよ、間違い無く。

NgY さん | TOKYO | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Byrds

ボブ・ディランの“ミスター・タンブリン・マン”をエレクトリック化させ、フォーク・ロック時代の扉を開いたザ・バーズ。彼らはその豊かなハーモニーとロジャー・マッギンの弾く12弦ギターの美しい音色が特徴的な独特のサウンドで60年代半ば頃に人気を博した。

プロフィール詳細へ

Byrdsに関連するトピックス

おすすめの商品