ブゾーニ(1866-1924)

ブゾーニ(1866-1924)

ブゾーニ(1866-1924) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

関連商品

商品ユーザーレビュー

23件

すべてのユーザーレビューを見る(23件)

  •  安さ、実力ともに合わせればイタリア現代オケの旗手...

    投稿日:2012/04/05

     安さ、実力ともに合わせればイタリア現代オケの旗手? とでも言うべきナクソス御用立て馬車馬オケは、今日も今日とてフランチェスコ・ラ・ヴェッキア先生とご一緒に微妙にニッチな祖国の作曲家を録音中。こちとらチャイコやヴェルディを録音してるだけじゃ勝ち目ないのよ、と言わんばかりのひん曲がったレパートリーに今回加わったのは、あのフェルッチョ・ブゾーニの怪曲「ピアノ協奏曲」。祖国の忘れ去られた巨匠たちの救済に務める彼の指揮は、相変わらず熱い。ローマ響は相変わらずアンサンブルが粗く、予算の関係からか楽器の音色にもどことなく地方オケの哀しい安っぽさが滲み出ているのですが、今回も引っ張るのは指揮者、そしてそれに加えてソリストのロベルト・カペッラ。彼は1976年のブゾーニ国際で優勝しているとかで、その実力は折り紙つき。アムラン、ジョン・オグドンといった錚々たる面子が既に優れた録音を残している以上、ナクソスとしても実力者を雇用せざるをえないわけにはいかなかったご様子(笑)。粗いが熱気盛んなオケはまさしくB級の旨みで、第四楽章のタランテッラなんかに弾ける熱さ華やかさ、垣間見える静けさには舌を巻きます。豪華なカデンツァに馬鹿馬鹿しささえ感じさせる諧謔マックスのリズムは、もうこれは笑って受け止めるべき。露骨なまでのイタリア舞曲が四楽章なら、一楽章と三楽章は深刻ぶったドイツ調。長大なこの二つの奇数楽章では、かっちりと引き締まった指揮ぶり、真摯なピアニズムを見せてくれる。第五楽章での合唱団も、ルカ・マレンヅィオ合唱団などという怪しさ満点にもかかわらず良く統制されきっていて不足なし。ソリスト、本当に素敵です。アムランやオグドンといった化け物クラスには決して勝てずとも、語り口の豊かさは確かにある。75分という長さは、公衆を面前に演奏されたピアノ協奏曲でも最大の長さとか。分裂症的にドイツ・イタリア、クラシックと通俗音楽を入れ込ませ、どこを切りだしても歌と音の大洪水のような悪魔的難曲を、しっかりと追い続ける集中力には(指揮者ともども)賛辞を送りたいです。お値段以上のニトリ録音なのは間違いない。少なくとも安いことは確かなので、Hyperion盤やEMI盤前のお試しに一枚、というところでしょうか。

    Raise さん |10代

    1
  • 解説書の表紙に使われているのはイタリア中部、オルヴ...

    投稿日:2010/05/18

    解説書の表紙に使われているのはイタリア中部、オルヴィエトの南にあるバーニョレジオの「死の街」チヴィタ。町が乗っかっている柔らかい凝灰岩の岩盤がボロボロ崩れ落ちてゆく。かつてあった道は廃され、コンクリートで300mの橋が架けられ、私もおっかなびっくり渡りました。まだ残っているのでしょうか。まあ、ブゾー二に「嫌味」の感も無きにしも非ずですが、仕方ないでしょう。主題の扱い。展開の妙。管弦楽法の粋。いずれも非の打ちどころがない。しかし、聴かせられるという立場からすれば、「有難迷惑」のオーディエンスも多かったでしょう。まさに芸術としての音楽が終焉を迎えていたのかもしれません。さらにオグドンやムーティらの演奏が、そうした拘りがなかったようで、ただ煩いだけ。でも許しましょう。重く沈みこまなかっただけ幸せかもしれません。

    蓮華人 さん

    0
  • 作曲者の意図に最も忠実と言われるボーモント補筆版を...

    投稿日:2009/02/07

    作曲者の意図に最も忠実と言われるボーモント補筆版を使わなかった理由について、指揮者はインタヴューであれこれ述べているが、ヤルナッハ版を使いながら、さらに最終場に数分のカットがあるから、ボーモント版の長さを嫌ったというのが本音だろう。しかし版の選択の問題を除けば、この傑作の最初の市販映像ソフトとして申し分のない出来。冒頭のファウスト博士の書斎が非常にモダンなのをはじめ、魔法の本が古代エジプト風の像であったり、博士の事実上のアリアの場面ではゲーテの名高い肖像画を見せるなど、演出はなかなか面白い。

    村井 翔 さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ブゾーニ(1866-1924)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%