洋書

The Little House

Burton, Virginia Lee

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9780395259382
ISBN 10 : 039525938X
フォーマット
出版社
発行年月
1978年04月
USA
その他
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    オタマさん名著デビューです。お顔がどんどん悲しそうになっていくので心配になり、何度も最初のページを確認していたオタマさん。最後の展開に感激していました。古い家に住む彼女には色々しみるお話だったんじゃないかなあ。

  • グレ さん

    coast=滑降/惰走する、苦労なく進む、のんびりやる。tenement houses=(大都市のスラム街にある)安アパート、共同住宅。【目指せ百万語!英語多読209冊目】1,335words/total→23万6,849

  • kocka さん

    日本訳を何度も読んだので、英文でも抵抗なく読めました。この本の表紙の絵を題材に刺繍をしたことがありました。

  • なか さん

    絵もお話もとても好きです。家に表情があるように描かれており、都市での場面では悲しそうな表情で描かれていたのがなんとも切なかったです。将来自分の家を持ったら、本棚に並べたい一冊。

  • ケニオミ さん

    つい先日読了した「残すべき建築」で紹介されていた二冊の絵本の一冊です。丘の上にぽつんと立つ「ちいさいおうち」。太陽も、月も、星も、野原も、周りの環境全てを独り占めしていた「ちいさいおうち」に都市化が迫ります。初めは家の前の道路だけだったのが、ちんちん電車が走り、高架の電車も走り、地下鉄すら走り始めます。終いには家の両脇にスカイスクレーパーが建ってしまい、誰からも顧みられない「ちいさいおうち」。作者はとっておきのハッピーエンドを用意していました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

おすすめの商品