ねえ、どれがいい? 評論社の児童図書館・絵本の部屋

Burningham,John(1937

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566002500
ISBN 10 : 4566002500
フォーマット
出版社
発行年月
1983年12月
日本
追加情報
:
31cm,1冊

内容詳細

「ネコとボクシング」「サルとくすぐりっこ」「サイのしたじき」。次々と繰り出される、ギョッとおどろく選択肢。子どもたちは「どれもイヤだ〜」と言いながら大よろこびで、こっちかな〜、あっちかな〜と悩み…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みずたま さん

    どれがいい?と聞かれても選ぶのに困る選択肢ばかり(笑)嫌なものからマシなものを探す…これを選んだらどうなるだろう?子どもに想像させるのも良い絵本。親子で読むのも面白そう。

  • けんちゃん さん

    文庫のおはなし会で年少さんに読み聞かせ。ちょっとむずかしかったかなぁ…どれがいい?の問いにはほとんど「全部いや」との返事。まぁ、それはそうだよね。でも牛にのってスーパーマーケットへ…は人気でした。

  • Lesen さん

    究極の選択肢の数々。どれも選びたくないものから、意外に全部選びたくなる選択肢まで。どれにする??とか嫌だ〜とか色々言いながら、子供と一緒に楽しみました。盛り上がる事間違いなし。この後、子供一人読み。そして、お父さんに内容を話していました。

  • tiac/まみ さん

    どれがいい?って言われても、どれも選べないよ〜!の究極の選択てんこ盛りの一冊。ページをめくるたびに真剣な目で絵を見比べたり大笑いする子供の反応に、読み聞かせているこちらも楽しめました。ありえないシチュエーションを描いた数々の絵に想像力を膨らませ、最後にはほっと安心するオチもついている。眠る前に読むのにぴったり。

  • ごんたろう さん

    多くの選択肢が向けられる。家の周りが変わるとすれば、大水、大雪、ジャングル、どれがいい?象にお風呂の水を飲まれる、豚にズボンを履かれる、等、どれがいい? 奇想天外で笑える。本書はバカバカしい選択肢に優しい絵が付けられる。この雰囲気がいい。私達は選択肢を前にすると一つの決定を下す。おそらく決定の後に、様々な理由をこしらえていく。それゆえ中身のある人間になるためには、幾多の重大な場面で決定の機会を持つとよい。最後の問い「どこでなら迷子になってもいい?海の上、砂漠、森の中、ひとごみ。」ひとごみの迷子は最も怖い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド