Buddy Rich

Buddy Rich (バディリッチ) レビュー一覧

Buddy Rich | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

18件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • バディ・リッチ54歳時のライブ演奏アルバム。 自分...

    投稿日:2016/02/14

    バディ・リッチ54歳時のライブ演奏アルバム。 自分は、映画『Whiplash』(2014/邦題:セッション) を観て、Buddy Rich(バディ・リッチ/1917-1987)という人がいたのか、 と興味が湧いたというか… 今まで自分は、ジャズ系でも、 デューク・エリントンはピアノとか、 ベニー・グッドマンはクラリネット、 サッチモことルイス・アームストロングはトランペット、 バードことチャーリー・パーカーはサクソフォン、 とか…そういう人達の楽曲は色々聴いたことがあったものの、 ジャズのドラマーの人っていうのに、 着目したことって、なかったなぁ、と思って… だから、機会があれば、バディ・リッチの作品も聴いてみたいな、 と思っていたので、今回 「Rich In London」 「Swingin’New Big Band」 「Three Classic Albums Plus」 の3作品を購入。 「Three Classic Albums Plus」 が中々入荷せず2ヶ月余り待ったけれど、漸く入荷して全部揃ったんで、 遂に手許に届き… 少し確認してみると、 「Swingin’New Big Band」は、1966年のライブアルバム、 「Rich In London」は、1971年のライブアルバム、 「Three Classic Albums Plus」は、 1954〜1957年にかけて発売された4つのスタジオアルバム 「The Swinging Buddy Rich」(1954)、 「Buddy and Sweets」(1955)、 「The Wailing Buddy Rich」(1955)、 「This One’s for Basie」(1957)、 を2枚のCDに収めた、という作品だ、と分かったので、 「Three Classic Albums Plus」→ 「Swingin’New Big Band」→ 「Rich In London」 の順にとりあえず、聴いてみることに。 で、全体的な印象としては、 別にバンドマスターがドラマーのバディ・リッチだからといって、 ドラムが主体的に引っ張る曲ばかりをやっているわけじゃなくて、勿論、 最初から最後までドラムがぐいぐい引っ張って駆け抜けるような曲もあるけど、 基本的には、 トランペットとかピアノとか他の楽器の見せ場というか聴かせ所も色々とある、 クラシックでスタンダードなジャズの中で、 存在感のあるドラムが全体をしっかりと支えて、聴かせ所では、 特に凄みを発揮しているなぁ、という印象。 その中で、この「Rich In London」は… …このライブ演奏をしてた頃は54歳で、それであの演奏ってのも、 体力的にも凄そうだな、と素人考えでも思うけれど、 きっと、 単に若さと勢いの力だけであの高速のドラム捌きをやってるんじゃなく、 幾つか演奏動画も視てみたけど、無駄な力が入っていない、 無駄のない動きで的確に高速に持続的に叩き続けている、みたいな印象 だったんで、磨き抜かれた円熟の境地に達したドラム演奏技術 を身につけていればこそ、 という感じの演奏だから、もはや年齢は関係ないってことなのかな… とも思ったり。 この作品内でのメインの聴き所は、最後に披露された「Time Being」 って曲だろうけど…ドラム捌きの凄さも堪能出来るしね… でも…ドラム捌きの凄さとか、そういうのとは別に…それの1つ前の曲 「Theme from Love Story」 ってのが、TVとかCMとか、デパート等での館内に流れてるBGMとか、 色んな場所で使われてるのを聴いたことがある、 けっこう多くの日本人に馴染みのあるメロディなんじゃないか、 というヤツだったんで、印象深かった。 1971年の年末っていうと、 映画『Love Story』(1970/邦題:ある愛の詩) が公開されて丸一年、みたいな頃、 この年の初春のアカデミー賞ではアカデミー作曲賞を受賞した、 そういう映画だったみたいだから… まぁ、当時の状況としては、その年に話題になった曲、 って感じで、演奏曲目に入れたのかな… と。 「Swingin’New Big Band」を聴いた時には、 短めの曲(…ある意味では標準的な長さの曲…人間の集中力の持続時間は、 3分程度だ、という観点に立てば…)を数多くって感じの演奏曲群 で、勿論、じっくりと聴けば、どの曲でもドラム捌きは凄いんだけど、 基本的にバンドの楽器全体の調和を最重視した曲 をお客さんに聴かせている感じで、 どうだ、この俺の高速連打で長尺のドラムソロは! というような部分は、 余り、前面には押し出してないって印象…で、 そこが少し、物足りない感じもしてたんだけど、この 「Rich In London」 は、「Three Classic Albums Plus」の頃の魅力と 「Swingin’New Big Band」のよさとを、 足して2で割ったような、いい塩梅の演奏曲の配置に、 なっていて… スローでまったり系の曲も、箸休め的に配置されてるけど、 基本、聴いててテンション上がる系のアップビート系を軸に据えていて、 4〜6分半の曲を軸に展開してるんで各曲での、 ドラムの聴かせ所も「Swingin’New Big Band」より多めで、 そして、締めの「Time Being」は正味12分40秒あって、 特に堪能出来るようになっている、 というのは、この作品の優れた部分かな、と思う… あと、 「Little Train」って曲は、出だしから前半はスローな曲調で、 後半から速いテンポに切り替わり激しく盛上がっていき… クライマックスを迎える、 っていう感じで、そういうのも楽しいな、と印象に残ったり…。 …余談的に、自分は、 アフロキューバンなビートやサウンドのモノを聴くことも多いので、 今回の一連のバディ・リッチのCDを聴いていて、 このバディ・リッチが、この高速で精密に叩くドラム技術で、 アフリカ系やアフロキューバンなリズムを叩いたら、どんな感じに、 なったんだろうな…みたいな部分にも、 ちょっと思いを馳せてしまったり…今回聴いたCD群の中にはなかったけど、 そういうアフロキューバンジャズ系の曲とかも、 実際には、やってたりしたのかな… ともかく、今回このCD …9トラック計55分のライブアルバム… を聴けて、色々興味深かったし純粋に音楽を楽しめたし、 最後のトーク部分の雰囲気も味わえたし、 ってことで、悪くはなかったけど、若干収録時間が短めかな、と… 因みに、少し確認してみると、コレは元々 米国では「Rich in London」ってタイトルのアルバムとして 発売されて、英国では「Very Alive at Ronnie Scotts」というタイトル で発売されてて、そっちには追加の曲目も5曲分収録されてた、 らしいんだけど… 今回のこのCDは55分で…まだ15〜20分程度容量に余裕あるんだから、 ケチらずに、もう2〜3曲、たとえば、 「Very Alive at Ronnie Scotts」に追加で収録されてた5曲 の中から選んで、ボーナストラック的に、 入れてくれてれば、より満足出来たんじゃないかな、 と思ったり… まぁでも、コレはコレで、 それなりに、買った甲斐はあった、んじゃないかな… そんな感じ。

    ♂猫Junn-Junn さん

    0
  • バディ・リッチ49歳頃のライブ演奏アルバム。 自分...

    投稿日:2016/02/13

    バディ・リッチ49歳頃のライブ演奏アルバム。 自分は、映画『Whiplash』(2014/邦題:セッション) を観て、Buddy Rich(バディ・リッチ/1917-1987)という人がいたのか、 と興味が湧いたというか… 今まで自分は、ジャズ系でも、 デューク・エリントンはピアノとか、 ベニー・グッドマンはクラリネット、 サッチモことルイス・アームストロングはトランペット、 バードことチャーリー・パーカーはサクソフォン、 とか…そういう人達の楽曲は色々聴いたことがあったものの、 ジャズのドラマーの人っていうのに、 着目したことって、なかったなぁ、と思って… だから、機会があれば、バディ・リッチの作品も聴いてみたいな、 と思っていたので、今回 「Rich In London」 「Swingin’New Big Band」 「Three Classic Albums Plus」 の3作品を購入。 「Three Classic Albums Plus」 が中々入荷せず2ヶ月余り待ったけれど、漸く入荷して全部揃ったんで、 遂に手許に届き… 少し確認してみると、 「Swingin’New Big Band」は、1966年のライブアルバム、 「Rich In London」は、1971年のライブアルバム、 「Three Classic Albums Plus」は、 1954〜1957年にかけて発売された4つのスタジオアルバム 「The Swinging Buddy Rich」(1954)、 「Buddy and Sweets」(1955)、 「The Wailing Buddy Rich」(1955)、 「This One’s for Basie」(1957)、 を2枚のCDに収めた、という作品だ、と分かったので、 「Three Classic Albums Plus」→ 「Swingin’New Big Band」→ 「Rich In London」 の順にとりあえず、聴いてみることに。 で、全体的な印象としては、 別にバンドマスターがドラマーのバディ・リッチだからといって、 ドラムが主体的に引っ張る曲ばかりをやっているわけじゃなくて、勿論、 最初から最後までドラムがぐいぐい引っ張って駆け抜けるような曲もあるけど、 基本的には、 トランペットとかピアノとか他の楽器の見せ場というか聴かせ所も色々とある、 クラシックでスタンダードなジャズの中で、 存在感のあるドラムが全体をしっかりと支えて、聴かせ所では、 特に凄みを発揮しているなぁ、という印象。 その中で、この「Swingin’New Big Band」は… 全体的に2分半から4分程度の曲が多いからってのもあるけど、 長時間のドラムソロがある曲は、 「West Side Story medley」 の終盤に少しある程度で、その他の曲は、 ドラムがメインで引っ張ってる曲でも、せいぜい、 「Apples (aka Gino)」 みたいに、トランペットとか他の楽器とのかけ合い的な感じで、 ドラム自体はほぼ最初から最後までずっと叩かれ続けてるんだけど、 他の楽器が、そのドラムの演奏に、 合の手を入れる感じの音的な装飾を付ける感じで、絡んでくる っていう感じで疾走感溢れる曲調の… そういうのがある程度で、 基本的にバンドの楽器全体の調和を最重視した曲 をお客さんに聴かせている感じで、 「Three Classic Albums Plus」に収録されていた… つまり、このアルバムよりも10年若い頃のバディ・リッチの、 どうだ、この俺の高速連打で長尺のドラムソロは! というような…そういう部分は、 もう余り、前面には押し出してないんだな、 という印象… 年齢を重ねて50歳近くなり、そういう風に変わってきたのか、 このライブアルバムの時だけ偶々そういう趣向だったのか、はもっと、 他の作品も聴いてみないことには、分からないけれど。 …っていうか、 「ビッグバンド」でのライブ演奏であれば、 そういうものなのかな… 逆に、そういう演奏をするのが「ビッグバンド」なんだもんね…。 そういう意味では、 「Three Classic Albums Plus」の楽曲と比較して、 明確に差が感じられて、 興味深い、と言えるのかも…両方聴いたからこそ感じられる違い、 みたいな… そんなこんなで、この、17曲計1時間4分のライブアルバムが、 セール価格で¥1,000 という値段だったのも、お得にいい買い物出来たな、って感じだし、 そういう面も含めて、 そこそこいいCDに出会えて買った甲斐があったな、 と思う。

    ♂猫Junn-Junn さん

    0
  • まだ40歳前、アラフォー時代のバディ・リッチの演奏作...

    投稿日:2016/02/12

    まだ40歳前、アラフォー時代のバディ・リッチの演奏作品群。 自分は、映画『Whiplash』(2014/邦題:セッション) を観て、Buddy Rich(バディ・リッチ/1917-1987)という人がいたのか、 と興味が湧いたというか… 今まで自分は、ジャズ系でも、 デューク・エリントンはピアノとか、 ベニー・グッドマンはクラリネット、 サッチモことルイス・アームストロングはトランペット、 バードことチャーリー・パーカーはサクソフォン、 とか…そういう人達の楽曲は色々聴いたことがあったものの、 ジャズのドラマーの人っていうのに、 着目したことって、なかったなぁ、と思って… だから、機会があれば、バディ・リッチの作品も聴いてみたいな、 と思っていたので、今回 「Rich In London」 「Swingin’New Big Band」 「Three Classic Albums Plus」 の3作品を購入。 「Three Classic Albums Plus」 が中々入荷せず2ヶ月余り待ったけれど、漸く入荷して全部揃ったんで、 遂に手許に届き… 少し確認してみると、 「Swingin’New Big Band」は、1966年のライブアルバム、 「Rich In London」は、1971年のライブアルバム、 「Three Classic Albums Plus」は、 1954〜1957年にかけて発売された4つのスタジオアルバム 「The Swinging Buddy Rich」(1954)、 「Buddy and Sweets」(1955)、 「The Wailing Buddy Rich」(1955)、 「This One’s for Basie」(1957)、 を2枚のCDに収めた、という作品だ、と分かったので、 「Three Classic Albums Plus」→ 「Swingin’New Big Band」→ 「Rich In London」 の順にとりあえず、聴いてみることに。 で、全体的な印象としては、 別にバンドマスターがドラマーのバディ・リッチだからといって、 ドラムが主体的に引っ張る曲ばかりをやっているわけじゃなくて、勿論、 最初から最後までドラムがぐいぐい引っ張って駆け抜けるような曲もあるけど、 基本的には、 トランペットとかピアノとか他の楽器の見せ場というか聴かせ所も色々とある、 クラシックでスタンダードなジャズの中で、 存在感のあるドラムが全体をしっかりと支えて、聴かせ所では、 特に凄みを発揮しているなぁ、という印象。 その中で、この「Three Classic Albums Plus」は… 1曲目の 「The Monster」は、 出たしとか、わりと、いい感じ… 全体の、各楽器間でのかけ合いしながらの進行とか、 そして後半の…ドラムのソロ… まぁ、凄い、凄過ぎる!っていう感じのアレではあるけど、 …若干、凄いのは分かるけど、一体何時まで続けるんだよ…的な気持ちに、 なりかけた頃に、終わる、まぁ、その辺の絶妙な加減も、 計算の上なのかな… という11分9秒の1曲目から始まって… 「The Wailing Buddy Rich」(1955) は、9〜12分弱の長さの曲4曲計44分をじっくり聴かせる、 という構成。 次の「The Swinging Buddy Rich」(1954)は、 2分半〜7分程度の長さの曲を9曲計43分 っていう構成…その中で、 「Strike It Rich」 と 「The Two Mothers」 の2曲がドラムソロの長い聴かせ所 を含んだ曲だったね… そして、 同じドラムソロでも、 「The Two Mothers」のほうは、 ただ単に高速のドラムビートを長時間叩きまくる、 ってだけじゃなく、速度のメリハリとか強弱のメリハリとか、 そういうのもあるドラムソロだったんで、 好印象だった感じ。 その次の「Buddy and Sweets」(1955)は、 2分〜9分半程度の長さの曲6曲計31分 っていう構成。 これの冒頭の1曲目 「Yellow Rose Of Brooklyn」 は、出だしから、ほぼ、 最初から最後までドラムがぐいぐい引っ張って駆け抜ける系 の4分36秒の曲で、曲の序盤部分以外は、 全部ドラムのソロを聴かせる趣向の曲でオープニングアクト としてのインパクトは絶大だな、 って印象。 …あ、っていうか、少し確認してみると、 オリジナルのLPには2曲目に「Easy Does It」っていう8分16秒 の曲が入ってるみたいだけど、このCDには、 収録されてないっぽい… CDの容量がいっぱいで入り切らなかったんだろうね…。 中盤の「Nice Work If You Can Get It」 は有名な曲なんで、あぁ、こんなバージョンもあるんだな、 という感じだった…自分が今まで知ってたのは、 ビリー・ホリデイが歌ってるバージョンだったんで。 で、その次の 「Barney’s Bugle」って曲はどうもバディ・リッチ本人が作曲した曲っぽくて、 ドラムソロの部分がこれまた、 強烈な高速ドラムビートの連続で、でも同じ高速ビートの中にも、 少しメリハリとか入れながらの高速だったりで、 これまたインパクト絶大な感じ。 次の「Now’s the Time」はチャーリー・パーカーの曲… このバディ・リッチのバージョンは、 1945年頃のチャーリー・パーカーのよりも、ずっとテンポが速い、 けど、夫々の楽器に聴かせ所を用意してある感じなので、 演奏時間は1分半近く長い曲に仕上がっていて、 まぁ、こっちのほうが、 華やかだし聴いててテンションもより上がる系かな、 と。 最後の「This One’s for Basie」(1957)は、 3分〜7分程度の長さの曲を8曲計42分 っていう構成。 これまでの3アルバムでは夫々の1曲目にドラムのインパクトが強く残る系 の曲を配置していたけど、ここの1曲目は、 スローにまったりした感じの曲「Blue And Sentimental」が配置されていて、 激しいドラムの見せ場とかはなく、 代わりに2曲目の「Down for Double」って曲が冒頭から、 激しいドラムビートの曲。 その次の「Jump for Me」の冒頭部分、 「Down for Double」に含まれてたのと似た旋律が出てきたんで、 あれ?って思っちゃったけど、その後の部分は、 特にそういうアレはなく…でも、また最後の部分は同じその旋律が来て… まぁ、何かそういう曲だったのかな… と。 …で、このアルバム分で、一番ドラムソロの聴かせ所がある曲は、 「Jumpin’ at the Woodside」 って曲…もう、高速連打で長尺のドラムソロが凄過ぎて、 もう参りました、と笑うしかないね…。 その次の「Ain’t It the Truth」って曲は、自分には、 ルイス・アームストロングの歌が印象的な 「Jeepers, Creepers」って曲の旋律、またはソレに似ていて連想する フレーズが散りばめられてる感じがして… この曲が創られた経緯とか、ちょっと興味が湧いたり…。 …何だかんだで、じっくり聴いてみれば、印象に残る曲は、 わりとあったかな、という印象。 余談で、 直接このCDとは関係ないけど、 でも収録されてる「This One’s for Basie」からの繋がりで、 Count Basieっていうジャズピアニストでバンドリーダーの 人がいて、 「Count Basie Orchestra」(カウント・ベイスィー・オーケストラ) っていうビッグバンドが昔あったんだな、 ということも知れたので、それも、よかった… また音楽の興味の対象が広がったから。 ともかく、 2枚組で27曲計2時間38分というたっぷりの内容で、 価格がまとめ買い価格で¥1,164 という値段だったのも、お得にいい買い物出来たな、って感じだし、 そういう面も含めて、 総合的には、そこそこのクオリティのCDに出会えて、 買った甲斐があったな、 と思う。

    ♂猫Junn-Junn さん

    0
  • やはりビッグバンドにおけるBUDDY RICHのド...

    投稿日:2011/05/02

    やはりビッグバンドにおけるBUDDY RICHのドラムは凄いし楽しい。このCDとDVDのセットはお買い得だった。目で見て耳で楽しめる。人によっては、雑だと感じる(ソリストのレベルが、LP時代のウエストサイドストーリーメドレーの奏者に比較すれば落ちる)だろうが、白熱した演奏であり、観客の乗りも良く、また電気楽器のうるささがなく、何度も繰り返し見て楽しめた。

    donsai さん

    0
  • 世に「天才」と呼ばれる演奏家は何人も居ますが「神様...

    投稿日:2009/09/08

    世に「天才」と呼ばれる演奏家は何人も居ますが「神様」と呼ばれる人はどれくらい居るんでしょうね。 その手数の多さとダブル・バスによって、60年代に「神の子」とか「神の手」と呼ばれたバディは、本来あるべきエンターテイメントとしてのジャズを演奏の凄さと楽しさと言う形で残してくれた素晴らしい人だと思います。 観客の身体が動いたり声を出したり手拍子したりと言う事を演奏の邪魔のように扱われだしたのが、ジャズを堕落させ一般の人の好みから外れだしてしまい衰退した原因のひとつと言っても良いと思っています。 また、その「JAZZ」のスタイルによって、レベル付けをしたがる人たちがいますが、本来「JAZZ」には色々なタイプが存在します。そのタイプで価値観の上下なんて全く有りません。楽しいJAZZの素晴らしさと言うのは、正しく彼の様なJAZZの事だと思います。 バディ・リッチ楽団はテーブルに座り食事の後のお酒でも楽しみながら聴くと言う『楽しさ』のBGMとしての『楽しさ』を十二分に与えてくれる素晴らしいLive Bandです。本当に「バディ!かっこいいぞ〜」とか、声をかけたくなる楽しい演奏です。同じ空間に居る全ての人に一体感さえも与えてくれます。 1967年にハリウッドで録音されたこのアルバムは、オリジナルの倍の量になってCDになっています。彼のアルバムと言うと、よくこれが出てくるので、名盤と言っても良いと思うのですが、大抵の場合「名演奏」として紹介されます。アルバムの向こう側でする彼らの演奏の素晴らしさをよく表している出来事だと思います。

    Hesomagari さん

    5
  • バンド全体がメチャメチャにスウィングしています。こ...

    投稿日:2009/05/26

    バンド全体がメチャメチャにスウィングしています。この波に身を任せたいと思う時によく聴きます。DLove for Sale の途中、ルパン3世のテーマの「男には自分の世界がある・・・」の部分にそっくりだと思うのは僕だけでしょうか?大野さん、ここからパクったのかな?

    Hardbop-Gardener さん

    0
  • 試みからして面白い。二人の癖の違いをじっくりと味わ...

    投稿日:2008/10/26

    試みからして面白い。二人の癖の違いをじっくりと味わえます。

    戦闘のハイチ人 さん

    0
  • 「Channel One Suite」もう、理屈抜きの演奏です。 ...

    投稿日:2008/06/03

    「Channel One Suite」もう、理屈抜きの演奏です。 これが聞けるだけで最高です。

    ENTECH さん

    0
  • 何といっても圧巻は3.Channel One Suite、レビューに...

    投稿日:2006/08/21

    何といっても圧巻は3.Channel One Suite、レビューにもありますが熱いPLAYの象徴です。かっこいいサウンドが聞きたい方にお勧めします。かっこいいといえば8.Ode to Billie Joe、も短いながら切れ味鋭いサウンドです。1968年録音ですが、臨場感が素晴らしく古さを感じません。タイムスリップ出来るなら、会場の「シーザース・パレス」に出かけたい!!

    だいKunパパ さん

    0
  • ドラムはバディ・リッチ。「ドラムの神様」と呼ばれてい...

    投稿日:2006/03/04

    ドラムはバディ・リッチ。「ドラムの神様」と呼ばれています。今回は紹介できませんでしたが、彼の後継者と言われているレス・デマールもオススメです。余談ですがピチカートファイブの曲の中で、よくバディ・リッチのフレーズを耳にします

    ジャジー さん |20代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%