CD 輸入盤

Stone Crazy

Buddy Guy (バディ・ガイ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4723
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1981
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. I Smell a Rat (09:13)
  • 02. Are You Losing Your Mind? (06:37)
  • 03. You've Been Gone Too Long (05:41)
  • 04. She's Out There Somewhere (04:33)
  • 05. Outskirts of Town (08:09)
  • 06. When I Left Home (08:21)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロックに迎合?意味が解らん。ロックかブル...

投稿日:2014/10/18 (土)

ロックに迎合?意味が解らん。ロックかブルースかなんてどーでもいい事。ここにあるのはリアルな音楽。だから心を打つ。ブチ切れ度100%のマスターピース。グタグタ言ってる奴は弾き殺されるのでご注意を!

ニックネームか? さん | 東京都 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
いやー、これはよろしくないと思います。 ...

投稿日:2012/05/03 (木)

いやー、これはよろしくないと思います。 私、思うにヴァンガード以後のバディには疑問がつくんです。 過去に、ブルースにこだわるのは良くないと思うよ。 だけど、かといってロックに迎合するのもどうかと思う。 ドラムのリズムも聞くに堪えん。 アリゲーターの音のとり方もメタリックで聴くとげっそりする。 バディは大切な大切な人なんだけど、それだけに。

すーさん さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
★
私にとってはバディーの最高傑作。 心にぐ...

投稿日:2009/10/04 (日)

私にとってはバディーの最高傑作。 心にぐいぐい食い込んできて、心をえぐるような表現のギターは圧巻。ロックギターファンにとってはブルースギター入門アルバムとしても最高。ノリだけではない、Emotionが入ったブルースギターの真髄をぜひ聞いてください。 20代でこのアルバムに触れたのは私にとって僥倖でした。

わいぐら99 さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Buddy Guy

力技のギター・プレイ、ハイ・テンションなヴォーカルもワイルド!バディ・ガイ。58年コブラに初の吹き込みをしたバディは60年にチェスと契約。マディ・ウォーターズのバンドのお抱えギタリストとして活躍する傍ら、バディ自身の録音も数多く残している。60年代半ばにはハープ奏者のジュニア・ウェルズとの名コンビで名を馳せた。この時はひたすらバッキングに徹し、渋い一面も覗かせている。特に60年代に吹き込まれたバデ

プロフィール詳細へ

Buddy Guyに関連するトピックス

ブルース に関連する商品情報

おすすめの商品