Buddy Guy

Buddy Guy (バディ・ガイ) プロフィール

Buddy Guy | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Buddy Guy

バディ・ガイの魅力を一言で現すとしたら「ワイルド」これに尽きるだろう。テクより力技といった趣のギター・プレイはもちろん、ハイ・テンションなヴォーカルもワイルド!

バディ・ガイ(本名:ジョージ・ガイ)は1936年30日、ルイジアナ州レッツワースで生まれた。様々な説が飛び交っているが、彼がギターを手にしたのは10代の頃。トレーラーの運転手の仕事の傍らローカル・バンドの一員としてルイジアナ一帯を廻る日々を過ごすが、プロのブルース・ギタリストを目差し職を棄て1957年にシカゴへと進出を計る。

ブルーフレイムというクラブでのギター・コンテストに優勝したのが切っ掛けでコブラと契約を結んだとか、ギタリストになるのを諦め地元のルイジアナに帰ろうとしたが一銭ももっておらず誰かにお金を借りようとして、そこに現れたのがマディー・ウォーターズだったとか、BBキングのギター・プレイにシビれて初めて本気でギタリストになる決意をしたとか、シカゴに移ってからの話にも様々な説があり、どれが真実なのかは定かではない。(因みにフィード・バックを発明したのはオレだ!と言い張っているらしく、結構ユーモアのある人なのかも。)

58年コブラに初の吹き込みをしたバディは60年にチェスと契約。マディ・ウォーターズのバンドのお抱えギタリストとして活躍する傍ら、バディ自身の録音も数多く残している。60年代半ばにはハープ奏者のジュニア・ウェルズとの名コンビで名を馳せた。この時はひたすらバッキングに徹し、渋い一面も覗かせている。

特に60年代に吹き込まれたバディの作品は特筆すべきものが多く残っており、74年に発表された編集盤I Was Walking Through The Woodsは60年〜64年にかけてのチェスでの録音を集めたもので、バディの破天荒なプレイかがたっぷりと味わえる最高の一枚。R&B調のナンバーからスロー・ブルース、ジュニア・ウェルズとのシカゴ的なナンバー、熱いヴォーカル・ナンバー…と様々なスタイルを披露しつつも一本ビシッとスジの通った豪快さがいつまでも色あせない!

70年代に入るとブルース・フェスティバルの出演や海外での録音など聴衆の対象が黒人から白人へとシフトしてゆき、他の多くのブルースマンと同じく衰退の一緒を辿る。しかし90年代に入り、とても50歳をゆうに超える男が演奏しているとは思えない絶倫振りをアピールした作品を連発している!

バディのギター・プレイはとにかく派手!ひょっとしたらテキトーなのか?と思えるぐらいに聴いててヒヤヒヤする瞬間もしばしばある。例えばソロの真っ最中に曲の頭が分からなくなって見たり、どんどんスケール・アウトしたり…と。どちらかと言えばブルースと言えば渋さが売りであった時代にスクィーズな要素を取り入れ、ロックにも通ずるバディ独特の(というか彼しか出来ない彼だから許される。)スタイルはブルース・ファン以外にも是非聴いていただきたい。

また使用ギターについて。ブルースマンには珍しく、ストラトキャスターやSGを使用していた。それまでのしきたりや定石に囚われないのは楽器選びにも見受けられる。またこの屈折具合がなんともツボなのだが。

%%message%%