CD 輸入盤

Olympia

Bryan Ferry (ブライアン・フェリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9064282
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2010 release from the veteran British vocalist and Roxy Music front man. The album features musical contributions from Nile Rodgers, Pink Floyd's David Gilmour, Groove Armada, Scissor Sisters, Marcus Miller, Flea, Mani (Primal Scream, ex Stone Roses) and Jonny Greenwood of Radiohead. Olympia sees Bryan Ferry reunite on record with members of Roxy Music, including Brian Eno, Phil Manzanera, and Andy Mackay. This is the first album to reunite them since Roxy Music's seminal album for Your Pleasure in 1973! Olympia is a masterpiece of prolific artistry, blending sultry, elegant lyrics with genius compositions by Ferry, Rhett Davies and innovative, contemporary musicians.

収録曲   

  • 01. You Can Dance
  • 02. Alphaville
  • 03. Heartache By Numbers
  • 04. Me Oh My
  • 05. Shameless
  • 06. Song To the Siren
  • 07. No Face, No Name, No Number
  • 08. BF Bass (Ode To Olympia)
  • 09. Reason Or Rhyme
  • 10. Tender Is the Night

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
リリースから3年以上が経ち、こちらも大分...

投稿日:2014/03/07 (金)

リリースから3年以上が経ち、こちらも大分冷静に聴ける様になって来たので再び。他のレビューでどなたかが自らの老いをベースに表現したアルバムと書いておられたが、よくよく考えてみればブライアンの音楽性と人間性を考え合わせれば、それも至極当然と言うか自然な成り行きで、問題は如何に音楽的に昇華、結実しているかになる訳だ。メイキングのDVDやトラック毎のゲストミュージシャンを見ていて感じたのだが、従来の様な決まったメンバーで綿密に作り込まれたのではなく、曲によって自由に構成や演奏を変えて、時には即興的な要素も加えてゆく、とそういった印象を今回は改めて持った。特にフリーとマニのベースセクションが目立った成果を上げている様に思う。トラックではカバーなのが玉にきずだが、M6のギタートリオとロキシートリオの共演が見事だ。M3、M5などで見せた新機軸もアルバム全体に花を添えているし、ロキシー1stの再現を狙ったかの如きケイト・モス起用のカバーデザインも洗練された見事な出来栄えだ。と、あまり文句の無い内容に思えなくもないのだが、やはり問題はボーカル、声の衰えで、これは近年のライブ映像でもかなり顕著になってきていて、ボイストレーニングや体調管理を含めてフィジカル面でブライアンの今一度の奮起を促したいと切に思ってしまう。 どうやら老いらくの恋(結婚)が短期間で幕を閉じたみたいで、また彼本来の恋する男、叶わぬ恋に身をやつす姿勢から次なる創作意欲が湧き上がらんことを願う次第である。

いやみなぶらいあん さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブライアン・フェリー。還暦を過ぎてなお色...

投稿日:2010/12/05 (日)

ブライアン・フェリー。還暦を過ぎてなお色気を増して黒光る男。リアルタイムで最初に出会った25年前の『ボーイズ&ガールズ』に比肩するカッコよさ。ブライアン・イーノ他、メンバーとの37年振りの共演ってこともあって(?)、ロクシーのデビュー・アルバムみたくジャケ写に美女が。何とケイト・モスを起用(ブックレットの中の写真はもっと魅力的!)。あー、俺もこんな65歳になりたい

sk1 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
いきなりTrue to Lifeのイントロが聞こえて...

投稿日:2010/11/05 (金)

いきなりTrue to Lifeのイントロが聞こえてきてビビッた。あれロキシーでいちばん好きな曲なんだ。萎える気持ちもわかる一方、個人的にはアルバム全体の印象が底上げされてしまった。

など さん | 神奈川県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Bryan Ferry

黒人音楽への憧憬を、欧州的ダンディズムによって独自の表現にまで持っていくことに成功したブライアン・フェリー。彼の唱法から直接、アマチュア時代にウィルソン・ピケット、オーティス・レディングを歌っていたことを見出すのは実際には困難かもしれない。後に多くのフォロワーを生むフェリーの、英国の男的な低音ヴォーカルは、ヴィヴラートと裏声で着飾った白人っぽいものだとも言えるが、バックのサウンド自体を16ビートや

プロフィール詳細へ

Bryan Ferryに関連するトピックス

おすすめの商品