CD 輸入盤

ブルックナー:交響曲第4番《ロマンティック》、シューマン:同第1番《春》、ハイドン:同第88番、ベートーヴェン:序曲《コリオラン》 フルトヴェングラー/VPO(1951)

Bruckner / Schumann / Haydn

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEOR559022
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

フルトヴェングラー&VPO・イン・ミュンヘン
ドイツ博物館での熱気充満の一晩を完全収録

1951年10月の後半、フルトヴェングラーとウィーン・フィルはドイツ楽旅に出発しています。10月29日にはミュンヘンで演奏会、その記録がこのCDに収められているブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》、ベートーヴェン:《コリオラン》、シューマンの第1番《春》の3曲で、ハイドンの88番はその一週間前にシュトゥットガルトでの演奏会から収録。どちらも晩年の演奏ですが、まだ倒れる(1952年夏)前だけあって活力と気力に満ちた演奏が繰り広げられています。

収録曲   

  • 01. Coriolan, Op. 62
  • 02. Menuetto
  • 03. Os Tres Choroes
  • 04. Larghetto
  • 05. Volksfest (1878 Finale)
  • 06. Bewegt, Doch Nicht Zu Schnell
  • 07. Scherzo
  • 08. Andante, Quasi Allegretto
  • 09. Bewegt, Nicht Zu Schnell
  • 10. Allegro Animato e Grazioso
  • 11. Scherzo
  • 12. Adagio - Allegro
  • 13. Allegro Con Spirito
  • 14. Largo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
1951年10月29日のライヴで、ハイドンのみ一...

投稿日:2014/03/21 (金)

1951年10月29日のライヴで、ハイドンのみ一週間後の演奏。1970年代初めにロンドンレーベルのLP発売以来聴いてみたいと思いつつ今日に至り、ようやく試聴いたしました。音はまあまあ。マスタリングでノイズは除去したのでしょうけれど、潤いのないやや硬めの音で、弱音はきれいですが強音はややつぶれ気味であり、レンジもやや狭いかな。フルトヴェングラーのライヴではヒドイものが多いので、それに比すればいい方でしょうけれど。さて肝心の演奏であります。いかにもフルトヴェングラーの特徴あるもの。テンポの緩急をひんぱんに付け、ダイナミクスの幅も巨大。冒頭のハイドンからして古典(様式)を意識せず、オーケストラを存分に鳴らした豪演。ベートーヴェンはいかにもそのパトスが横溢しており、さすがと思わせます。シューマンも大きな音楽で、ロマン的というよりも逞しい。メインというべきブルックナーが最もいわば「問題作」でしょう。楽譜は例によって当時普通のいわゆる改訂版。聴いていてビックリする個所が多々あります。一貫したテンポによって進むのではなく、頻繁に付けた緩急の加減によって音楽は非常に劇的に展開します。フルトヴェングラーの心象を反映して音楽は極めて壮大に盛り上がり、またうごめきます。何かこうしたところを以って「フルトヴェングラーはブルックナーに合わない」と評する人もいるのでしょう。わからないでもないですが、しかし思い起こせばアーベントロートのブルックナーもこんな感じだったし、この手の演奏はブルックナー演奏の様式ではかつては決して特殊ではなかったのではないですかな。合う合わないとかいった批評は慎重であるべきでありましょう。それはさておくとしても、フルトヴェングラーの「ロマンティック」は彼の個性の炸裂した大演奏として現場では圧倒的でありましたでしょう。こうして不十分な録音によるディスクでの鑑賞ではその感銘は薄いというのが正直なところではあります。われらの時代のブルックナーとはずいぶん距離がある気はしますし、そしてわれらはわれらの時代に染まってもいますしね。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
ロマンティックはDG盤でもそうでしたが緩徐...

投稿日:2004/08/15 (日)

ロマンティックはDG盤でもそうでしたが緩徐楽章での瞑想的な魅力にひかれますし、両端楽章の大きくうねりながら流れる構成力も彼ならでは。実はシューマンを楽しみにしていましたが、生命力の発現という点ではやはり素晴らしいものです。他の指揮者がテンポを落とすところで意外にそのままだったりクライマックスの作り方は4番同様彼らしい力強さだったりして結構興味深く聴けました。

fuka さん | 横浜 | 不明

0
★
★
★
★
☆
学生時代、フルトヴェングラーは神聖な存在...

投稿日:2002/11/16 (土)

学生時代、フルトヴェングラーは神聖な存在だった。それが最近は様々なライヴ盤により身近に感じることができるようになった。有難いことである。この演奏もなかなかのもの。特にハイドンとブルックナーが良い。録音も良好である。

KURO さん | 福岡 | 不明

0

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト