CD 輸入盤

Brian Wilson And Friends (+DVD)

Brian Wilson (ブライアン・ウィルソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5053.821862
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, ライブ盤,輸入盤

商品説明

◆1962年にザ・ビーチ・ボーイズの中心人物としてメジャー・デビューして以来、数多くのヒット曲を世に送り出してきたブライアン・ウィルソン。2016年4月の来日公演でもその素晴らしい歌声でファンを魅了したことも記憶に新しいだろう。そんな彼が2014年12月、米TV番組「Soundstage」のためにブライアン・ウィルソン&フレンズ名義で行った、ラスヴェガスでの一夜限りのプレミアム・ライヴを収録した作品が発売されることとなった。

◆TVで放映されたライヴ映像は既にDVDやBlu-rayで入手可能となっているが、今回発表するのは、番組では放送されなかったライヴ・パフォーマンスも追加した、完全版とも言える作品。Blu-ray単体に加え、この時のライヴを初めてオーディオCDとして収録し、そこにDVDをボーナス・ディスクとして追加したCD/DVD形態でのプロダクトの2形態での発売となる。

◆高級ホテル、ザ・ベネチアンの劇場で開かれたこのライブには、ザ・ビーチ・ボーイズの元メンバーであるブロンディ・チャップリンやリッキー・ファターを含む彼のツアー・バンドに加え、盟友アル・ジャーディンやマーク・アイシャム、FUN.のネイト・ルイスやシー&ヒム、ケイシー・マスグレイヴスらが参加、この公演後に発売されたアルバム『ノー・ピア・プレッシャー』に収録される楽曲を初披露したり、もちろん「Good Vibration」や「Don't Worry Baby」、「Wild Honey」や「Wouldn't It Be Nice」といったザ・ビーチ・ボーイズ・ナンバーもたっぷり披露されている。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Our Prayer
  • 02. Heros and Villains
  • 03. Sloop John B
  • 04. Dance Dance Dance
  • 05. Good Vibrations
  • 06. This Beautiful Day
  • 07. Marcella
  • 08. Wild Honey
  • 09. Sail On Sailor
  • 10. Sail Away
  • 11. Half Moon Bay
  • 12. Don't Talk
  • 13. The Right Time
  • 14. Wouldn't It Be Nice
  • 15. Help Me Rhonda
  • 16. Fun Fun Fun
  • 17. California Girls
  • 18. California Saga
  • 19. All Summer Long

ディスク   2

  • 01. Our Prayer
  • 02. Heros and Villains
  • 03. Sloop John B
  • 04. Dance Dance Dance
  • 05. Good Vibrations
  • 06. This Beatiful Day
  • 07. Runaway Dancer
  • 08. Don't Worry Baby
  • 09. Marcella
  • 10. Wild Honey
  • 11. Sail On Sailor
  • 12. Sail Away
  • 13. Half Moon Bay
  • 14. Don't Talk
  • 15. Saturday Night
  • 16. Hold On Dear Brother
  • 17. Darlin'
  • 18. On The Island
  • 19. God Only Knows
  • 20. The Right Time
  • 21. Wouldn't It Be Nice
  • 22. Help Me Rhonda
  • 23. All Summer Long
  • 24. Fun Fun Fun

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Brian Wilson

ブライアン・ウィルソンの現在の歌声には彼の人生そのものがある、といっても言い過ぎではないかもしれない。彼の現在の歌声を聴くとき、ファンはこうした経緯を思い起さずにはいられない。

プロフィール詳細へ

Brian Wilsonに関連するトピックス

おすすめの商品