SHM-CD

Thursday Afternoon

Brian Eno (ブライアン・イーノ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VJCP98056
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

ブライアン・イーノは1983年に来日し、ビデオ上映とレクチャーを行ったが、本作はその後に発表した同名ビデオ作のサウンドトラックとしてCDのみでリリースされたアルバム(1983年発表)。モニターを縦置きに配置し鑑賞する、というユニークなビデオ作品に伴うものだけに、サウンドのほうでも屈折した感覚を持ったイーノ特有の空間が展開される。

内容詳細

アンビエント音楽のパイオニアでもあるミュージシャン、ブライアン・イーノが85年に発表したアルバム。彼が制作した同名映像作品のサウンドトラックで、深遠な音空間が広がる極上のアンビエント作品となっている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
つまらない。インスタレーション用のBGM...

投稿日:2007/03/11 (日)

つまらない。インスタレーション用のBGMとして日本のソニーの依頼で作られた環境音楽モノ。原宿ラフォーレに見に行ったけど、ビデオ画面があちこちにちらばった薄暗い部屋で聞く分にはそれなりによかったけど、音楽CDだけとして聞くと、つまんない。いいという人もいるので、何度も聞き直したけど、やっぱ駄目だわ。環境音楽ものなら、エアポートかディスクリートミュージックだな。

コンチ さん | | 不明

2
★
★
★
★
★
何も考えたくないときに、あるいは、内的世...

投稿日:2006/08/05 (土)

何も考えたくないときに、あるいは、内的世界に没頭したいときに、必ず聴いてます。音のモダンアートって感じがします。

fufufu さん | 岡山 | 不明

1
★
★
★
★
★
シンセサイザーの音が背景にうっすらとドロ...

投稿日:2006/03/07 (火)

シンセサイザーの音が背景にうっすらとドローンのようにたなびく中,スチールドラムのような音がポツン・ポツンと奏でられます。この音の中を自由に散策しましょう。それは本当に楽しく自由な60分間になるはずです。何かをしながらでも良し,じっと耳を傾けるも良し。何をイメージするかは我々の自由なのですから。具体音楽ではなく抽象音楽。モートン・フェルドマンが好きな人には絶好なものでしょうか。音(楽)に支配されるのではなく,音(楽)と共存する感覚です。

joe さん | 仙台 | 不明

1

Brian Enoに関連するトピックス

おすすめの商品