CD 輸入盤

Bringing Back The Funk

Brian Culbertson (ブライアンカルバートソン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1092702
組み枚数
:
1
レーベル
:
Grp
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

スムース・ジャズのヒット・プロデューサー/鍵盤奏者、ブライアン・カルバートソンの2年半ぶりとなるGRP2作目(クリスマス・アルバムを除く)。

ファンク、ソウル、R&B、ゴスペルのテクスチャを十二分に用いたそのスムース・サウンドは、さらなる多様性をみせ、自身のルーツに深くズームインしたかのようなソウルフルなフィーリングを色濃く打ち出している。

M-1に、ブーツィー・コリンズ(b)、クール&ザ・ギャングのM-3では、ジェラルド・アルブライト(as)に加え、ネオ・フィリーR&Bの申し子、ミュージック・ソウルチャイルド(vo)を、ビル・ウィザーズのM-7で、現在話題のオーガニック・ソウル・シンガー、レディシ(vo)、さらには、M-4で、ラリー・グラハム(b)&ロニー・ロウズ(ts)、ダニー・ハサウェイのM-9では、エディ・ミラー(ts)&デヴィッド・T・ウォーカー(g)といった御大組を招くなど、今作でも豪華ゲスト陣とのコラボレーションがたっぷりと楽しめる。

収録曲   

  • 01. Funkin' Like My Fathers
  • 02. Always Remember
  • 03. Hollywood Swinging
  • 04. The House Of Music
  • 05. You Got To Funkifize
  • 06. The Groove
  • 07. The World Keeps Going Around
  • 08. Excuse Me... What's Your Name?
  • 09. Voices Inside (Everything Is Everything)
  • 10. Let's Stay In Tonight

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Brian Culbertson

スムース・ジャズ・シーンを代表する若手キーボード・プレイヤー。実父のトランペット奏者、ジム・カルバートソンの指導のもと、8歳でピアノとイヤー・トレーニングを始める。キーボードの他にもベース、ドラムス、トロンボーンの演奏をこなすマルチ・プレイヤー。

プロフィール詳細へ

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品